・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

畠が好投するも7回の攻防で勝機を逃し逆転3連敗…

8月8日 対中日8回戦・ナゴヤドーム

8月8日 対中日8回戦・ナゴヤドーム 1-3で負け

11-0、7-1と打てない守れないで2連敗中のジャイアンツ。

つい先日まで2位に大差をつけて独走しているイメージがあったのですが、後ろがだいぶ近づいてきました。

 

最下位中日相手にこれ以上の取りこぼしは許されない中、先発のマウンドに上がったのは畠。

初回はストライクを取るのに苦労してノーヒットで満塁の大ピンチをつくってしまいましたが、そこを凌いでからは前回のようにストレートを中心にカーブやチェンジアップを上手く交えた素晴らしい投球を見せてくれました。6回まで許したヒットは京田と内野安打のみ。

それだけに7回に3点を失い負け投手になってしまったのが本当に残念…。

7回の大チャンス時に代打を出して0失点で気持ち良く次の登板に向かっていればとか、その裏のマルティネスの打席で岡本さんが油断しなければとか、たらればが尽きません。

今季岡本さんの三塁守備はかなり安定していて状況に応じたバウンド送球にもセンスの高さを感じていたのですが、今回は送球云々じゃなくてマルティネスの走力を過小評価したからか捕球から送球までが遅かったように見えましたね。後でコーチに怒られてそう(笑)

そして、このミスは痛恨の福田の逆転スリーランホームランの起点になってしまいました…。

今季の福田は成績もイマイチで以前のように恐い打者というイメージはなかったけど、やっぱりジャイアンツキラーぶりは健在でしたね。去年はソトと並んで恐い存在だった。

中日に完敗で首位陥落間近…名将原監督もう一度「のびのび野球」を!
中日対巨人15回戦 8/6 巨人 スターティングメンバー1(右)陽 2(遊)坂本 3(中)...
"巨人キラー"福田にまたしても被弾…総力戦に敗れ3連敗
巨人対中日21回戦 9/3 巨人 スターティングメンバー1(右)亀井 2(遊)坂本 3(中...

内容的には炭谷のインコース要求に対してど真ん中に入った失投を完全にとらえられたという感じ。

福田は右投手のインコースの球を打つのが苦手(左投手の食い込んでくるインコースは大好き)なのできっちり投げ切ることさえできれば抑えられる可能性は高いのですが、大好物の真ん中のゾーンに入っちゃいましたね…。

選球眼が良い方ではないので保険をかけてアウトコースの変化球(スライダーとか)で逃げ気味に勝負していれば安全だったかもしれないけど、炭谷は今日の畠なら投げ切れると踏んだのかもしれませんね。

結果的にはこれが最悪の逆転劇となってしまい、7回4安打、7奪三振、3失点で畠は降板しました。

3点を失い負け投手になりはしましたが、全体的に見ればやっぱりナイスピッチングだったと思います。

次戦への課題は立ち上がりと終盤の粘りかな。

100点満点の投球ができても7回2失点くらいの投手がほとんどのなか、畠は100点満点ならノーヒットノーランも狙えそうなスケールの大きさがやっぱり魅力ですね。

どんな打者が相手でも自分のピッチングができればきっちり抑えられる、菅野や千賀といったエースといわれるような投手になってもらいたいものです。



さて、打つほうは何を書けばいいのやら(笑)

岡本さんには良いのが一本出ましたね!

ナゴドの広さをものともしない見事なホームラン。乾いた良い音が心地よかったです。

あとはパーラにマルチが出ました。

コンディション不良で途中交代してからなかなか印象に残る活躍ができなかったけど復調を感じさせる2安打でしたね。

ここから上げてくれればいいのですが。

そのパーラの2本目から始まった7回の攻め。

ワンアウト1、3塁のチャンスでの畠の打席はもう少し動くことができなかったんでしょうか。

畠が好投していたことと、明日が宮國から始まるブルペンデーの予定だったのでできるだけ長く投げてもらいたくて代打を使わなかったというのは理解できます。

ただ、名将原監督なら何か点を取りに行く動きを見せてくれると思ったんですけどね。

ゲッツーだけはNGで三振してこいという感じだったのかな。

その後はナカジが初球のど真ん中のカットを打ってショートゴロでチェンジ。

経験豊かなナカジなら打てなくても粘って四球を取ってくれるかもしれないし…とかいろいろ考え始めた瞬間に力ないスイングで凡退。なんだかすごく寂しい気持ちになりました…。

まぁ真ん中のボールなんでついつい手が出るのは仕方ないし、追い込まれる前に甘い球を狙うのは良いことだと思います。

それよりもうちの2、3番はどうなっているんでしょうか。

別の選手が坂本と丸の皮を被ってバッティングフォームだけ真似しているのかと思うくらい全く打ててませんね。丸の2打席目は良い当たりだったけど。

特に坂本は月間打率も6月が.289、7月が.231、そして8月が.154と上がる気配がなく下がる一方…。

去年と比べるとスタンドに入りそうなボールがあと二歩くらい届かないということが多いですね。

二度のインフルエンザや新型コロナの影響でシーズン前に満足なトレーニングができなかった事が影響しているんでしょうか。

坂本、丸という替えのきかない中心選手が不調のときはどうしたらいいんでしょうね。

普通の監督なら動かずに選手の復調を待つって手が多いんでしょうけど、原監督ならこのままの状況が続いたときどうするのか興味深いです。

とにかくファンとしては早く不調から抜け出してくれることを願うのみ。

明日はブルペンデーの予定なので投手陣を楽させるためにも大量得点を期待しましょう!

私は先発の宮國が絶妙なコントロールでビタビタのピッチングを披露してくれると予想しています。

コメント

  1. 恥ずかしながら巨人ファン より:

    前2戦は全く勝機ゼロでしたが、この日は采配によっては勝てる試合だっただけに悔しいですね。長いシーズンこういうこともあると切り替えて行くしかないですね。
    7回表の攻撃が無得点に終わって流れが中日に行きそうな所、畠が好投して流れを切りそうと思ったら岡本のプレーはまさかでしたね~。さらに福田にはこれまで散々手痛い一発を食らっててもマトモに勝負するとは……一番注意しなきゃいけない勝負所で、初球真ん中スライダー、二球目真ん中寄りストレートですからね。ファン目線と実際プレーしている選手とのギャップを感じます(当たりまえか)。

    • minamiminami より:

      恥ずかしながら巨人ファンさん、コメントありがとうございます。
      負けが続いてたので勝ってほしい一戦でしたね。
      7回は畠に代打を出すか送らせるとかするのかなと思ったらブンブン振ってたのでビックリです。
      まあどうしても我々ファンは結果論で語ってしまいがちですけどね(;^ω^)
      それにしてもジャイアンツキラー福田にはもう何も手だてが無いんでしょうか…(>_<)

  2. 玉幸 より:

    minamiさん、こんにちは。
    某サイトのプロ野球順位確率では8日の試合終了時点でジャイアンツが46%となっていて、ようやっと50%を切ってくれたという印象です。
    ちなみにカープは9%でまだまだ借金返済に向けて奮闘中です。
    カープも首位にいたときメークミラクルのトラウマに脅えて2位に10ゲーム差つけていても不安でしたが、今シーズンのジャイアンツは総合力が突出しているので大失速はなさそうですけど。

    • minamiminami より:

      玉幸さん、コメントありがとうございます。
      46%ですか~。去年も好調だったときから連敗ってのがあったので全然楽観視はできないですね…(;´・ω・)
      しかも今主軸が全員不調なので打線がほんとに湿ってます。
      ゲーム差も詰まってきてるのでどうなるかわかりませんね。
      こんなときこそ若手が台頭してきてくれるといいんですが(>_<)

タイトルとURLをコピーしました