強敵森下から坂本・丸・ウィーラーが一発攻勢!最終回は投手4人の継投で逃げ切り

5月3日 対広島7回戦・マツダ 3-2で勝利

マツダでの4位カープとの3連戦初戦。

まるでトーナメント戦のような苦しい戦いでしたね。1アウトを取るのがこんなに難しいとは…。

でも試合は3-2で勝利!

勝てば全てが報われる。そんな試合でした。



先発は畠と森下。両先発とも中5日の登板でした。

森下は今季も快投を続けてて指標もすこぶる良好。

対して畠は前回のヤクルト戦で6失点とボコボコにされてしまい3回もたずにノックアウト。

正直厳しい戦いになるだろうなぁと思っていました。

 

しかし、予想に反して先に隙を見せたのはカープ森下。

初回は全体的にボールが高く珍しくコントロールに苦しんでいた印象です。

そこを坂本神が見逃さず高めのストレートを完璧にとらえての先制ソロホームラン!

次の丸にも一本出たのは後の展開を思うと大きかった気がします。ストレートをしっかり弾き返した。

屈辱の早期途中交代の後の1打席目。早々に結果を出せたことで少なからず気持ちは楽になったんじゃないかと。

その後は岡本とスモークが続けず1得点のみ。

 

畠の立ち上がりは厄介な1、2番を打ちとるも鈴木誠也と西川の連打でいきなり1・3塁の大ピンチ。セカンド守備…。

ここはなんとか坂倉をストレートで空振り三振で抑え無失点スタート。

2回は下位打線を完璧に抑え、迎えた3回。

菊池の打球を坂本がトンネル。弘法にも筆の誤りですね。

問題はその後のツーアウト2塁で鈴木誠也の場面。

際どいストレート2球でツーボール。

歩かせてもいい場面での3球目は打ってくださいと言わんばかりのど真ん中のカットボール…。

なんで勝負したんだろうか。

得点圏でなかなか結果を出せていない鈴木誠也もこれはさすがに見逃さず。特大の逆転ツーランホームランでした。

 

この回の投球はすごく残念だったけど、今日の畠はここで気持ちを切らさなかった。

森下が回を追うごとに調子を上げてきて手が付けられないような投球をしてたのに本当によく我慢しましたね。

5回とかは異常なテンポで投げ急ぎ気味だったのでかなり心配しましたが(ボークもあったし)、ボール自体はすごく良くて不思議な感じでした。

大城が一呼吸置いたりして手綱を締めようとしてたけど気持ちが乗っていたのか打撃陣に少しでも良い形でつなぎたかったのか…畠の気持ちの部分がたくさん見られて興味深かったです。

 

この畠の気持ちのこもった投球に応えたのは丸。

6回、先頭の梶谷と坂本が三振に倒れ、これで森下は四者連続三振。

ストレートが良いコースにズバズバ決まってて本当に半端なかった。

丸もストレートとカットの組み合わせで勝負されてたら多分打ちとられてたと思います。

しかし、2球目のカーブを狙い打って同点ホームラン!

この回は梶谷と坂本に対して2球目にカーブを投げてきっちりカウントを稼げてたのでもしかしたら続けてくるかもと思ってたけど、それを読んでホームランに出来るところはさすが2年連続リーグMVP。

大きな大きな1点でした。

 

同点に追いついてもらった畠は6回西川のピッチャー返しを足に食らい、その後治療を挟んで坂倉に四球→安部のヒットでランナーを残し鍵谷と交代。

安部の打席は気持ちを前面に出してましたね。最後の力を振り絞ってた感じ。

最後は粘りに粘った安部の執念が上回ってヒットを打たれてしまったけど素晴らしい投球だったと思います。

そして畠のあとを受けた鍵谷の完璧な火消しが次の回の逆転につながりました。

ウィーラーほんとにありがとう!

前回8回105球を投げての中5日でさすがの森下もやや球威が落ちてきてましたが、それでもほとんどの選手が手を焼いていたストレートをホームランにするとは。

連打が望めないなかこれ以上ない最高の結果を残してくれました。



その後1点リードで迎えた9回。

3連戦の初戦だというのにここまで鍵谷・中川が回跨ぎしなければ繋げない地獄のリリーフ事情…。今シーズン持つんだろうか。

鍵谷も中川もお疲れさまでした。

中川は9回1アウトを取ってビエイラにバトンタッチ。

残りは下位打線で2アウトといったところだったのでこれならビエイラでも大丈夫だろうと思った私の考えは甘かった。

松山・小園の連打であっという間にサヨナラの大ピンチ…。

ビエイラのストレートやツーシームはプロ野球選手には打ち頃の球なんでしょう。スピードガンの数値は多分飾りです!

ここで原監督は守護神(仮)のビエイラを諦めまさかの桜井登板。

石原の打席で3球目のワンバウンドチェンジアップを銀さんが後ろに逸らしたときには乾いた笑いが出てしまいました。

しかし、石原がボールからボールのとんでもないチェンジアップを振ってくれて奇跡の2アウト!

危なかった…。

そして菊地を申告敬遠し2アウト満塁にすると桜井に代わってマウンドに上がったのは高梨。9回だけで4人目の投手です。

初球のストレートは本当に危険なボールでしたが、田中が見逃してくれたので助かった。

2球目のスライダーはいいところに決まってツーストライクとかなり投手有利な状況。

1球外のスライダーを挟んで4球目は決め球のスライダー。

このボールを田中は上手く引っ掛けて1、2塁間に…。

完全に抜けた、終わったと思った瞬間、見慣れない俊敏なセカンドがそこにいました。

いつの間にか尚輝に代わってた!やっぱり野球は守備!!

 

記事を書いているだけで息苦しい試合を思い出しました。

疲れたのでもう寝ます(笑)

コメント

  1. 恥ずかしながら巨人ファン より:

    最後の最後までシビレにシビレた試合でした。この緊張感の中で吉川はよく守りましたね~。少しでも雑念が入ればミスるような微妙に難しい打球でしたけど、上手く処理しました。ホント野球は守備からですよね。
    今日のスモークはカラッキシでしたけど、完璧な投球されたんで仕方ないですね。やはり落ちる球には苦労しそうです。でも今日くらい完璧にコントロールされると誰でも打てないと思うので、まだまだ悲観することはないかな?ここまで出来すぎというのもありますしね。

  2. 玉幸 より:

    今はいろいろと噛み合っていないカープ。我慢時かな~(ノД`)
    阪神戦で佐藤輝明に逆転満塁ホームランを打たれたときですが、直前にチェンジアップ狙いの佐藤がストレートに振り遅れており、正直にストレートでおすという裏をかいてチェンジアップを要求したら佐藤は待ってましたとばかりのホームラン。裏をかいたつもりが表になっていました。
    ピッチング・バッティング・ベンチワーク、迷い始めると泥沼化していきそうです。
    今シーズンもルーキー栗林が癒やしになりつつあるのは寂しいです。

タイトルとURLをコピーしました