引き締まった投手戦!サファテ復帰のホークス勝利!!

オープン戦3-2でホークスの勝利

オープン戦、ホークス対巨人3連戦の2戦目。

舞台は北九州市民球場からホークスの本拠地ヤフオクドームに移りました。

ジャイアンツのスタメンにはマルティネスが入り、打順もまた少し弄った感じに。

1(二)吉川尚
2(中)丸
3(遊)坂本
4(一)岡本
5(指)ビヤヌエバ
6(右)陽
7(左)ゲレーロ
8(三)マルティネス
9(捕)炭谷
投手 高橋

ホークスのスタメンは内川さんやデスパイネ、マッチなど主力が顔を揃えベストに近い面子でした。晃は右腹斜筋筋挫傷で開幕が絶望的みたいで非常に残念です…

1(二)川島
2(遊)今宮
3(中)柳田
4(指)デスパイネ
5(左)グラシアル
6(一)内川
7(右)上林
8(三)松田
9(捕)甲斐
投手 東浜



序盤は両チームとも先発投手の調子がイマイチでしたね。

巨人のルーキー高橋は1回からホークス打線につかまり、3連打を許して2失点。尚輝のエラーも痛かった…。

良いボールと悪いボールがはっきりしてるなという印象で、4回を4安打3失点(自責1)という内容に終わりました。

ホークスの東浜もボールをコントロールできず四球を連発したりと2回に2点を奪われます。

東浜はちょっと心配な内容でしたね。この前も炎上してたし、開幕までに調整できるのかな…

ローテーションを守ってもらわないと困る投手なので、次回登板時には改善したところを見せてもらいたいです。

 

しかし4回以降は両チームとも中継ぎ陣が奮起!

巨人は坂本(工)、戸根、宮國の3人が頑張りました。

坂本は最初あまり良さそうには見えなかったけど、終わってみれば2回を1安打5三振!

戸根もキレと重みを兼ね備えた素晴らしいストレートでホークス打線を圧倒していたし、宮國も腕を少し下げたフォームがいい感じに機能しているみたいでした。

昨季最大の弱点だった中継ぎ陣が安心して見られるようになってきましたね!

原監督の中継ぎ整備力はさすがといったところでしょうか。

 

ホークスの中継ぎ陣もほぼ完璧な内容でした。

特に武田翔太は異次元のピッチング。打者9人に7奪三振!

伸びのあるストレートと必殺のカーブに、巨人打線は手も足も出ず。

大炎上した次の試合でパーフェクトピッチングをし、期待したらまた大炎上するのがこの武田翔太という投手…まさに”ジキルとハイド”(;´∀`)

この人が安定して今日のような投球をしてくれれば、ホークスのリーグ優勝「奪Sh!」の確率は飛躍的に上がるんですけどね…。



そして3-2でホークス1点リードの9回に登板したのは…

ホークスサファテ11か月ぶりに復帰

右股関節鏡視下関節唇修復術を受け11か月ぶりに復帰した、ホークスの「THE KING OF CLOSER」デニス・サファテ!横の年度別成績がヤバい…

投球時に土台となる股関節の怪我は投手にとって致命傷になる場合も多く、もしかしたらもう二度と1軍の真剣勝負の場ではサファテ先生を見ることができないんじゃないか、と思ったこともありました。

それでも、懸命なリハビリを経てマウンドに戻ってきてくれました!

待ってたよー! 帽子を取ってマウンドにしゃがみこむ姿を見て泣きそうになりました(>_<)

一目見て分かるくらい体は細く小さくなってたし(離脱前から10キロ痩せたらしい)、かつてのような圧倒的な威圧感は感じられなかったので、どんな球を投げるのか不安でしたが…

注目の1球目は147キロのストレート。

球速よりも驚いたのは球の質です。

故障前の当てることさえ難しそうな伸びや、もし当たったとしても前に飛びそうにない鉄球のような重みがなくなっているように見えました。

実況や解説の話を聞いていると悲しくなりましたが、復帰してすぐ150キロのボールが投げられていたことと、肩や肘の位置は高いままだったことにはとりあえずホッとしました。冷静に考えたら150キロ出して悲しまれる37歳はいないですよね(笑)

本人もあまり心配していないようで「やることをやっていけば、投げられる体に戻る」と言っていました。

さらに復帰時に、自身の代役を務めセーブ王を獲得した仲良しの森くんに「クローザー アイ アム(守護神は俺だ)」と宣戦布告したり、「シーズンが始まる前までは彼がセーブ王であり、キングオブクローザーだからね。」と軽口を叩く余裕もあるみたい(^w^)

開幕からいきなりチームの守護神として活躍するのは難しいかもしれませんが、まずは体重を戻したりコンディションを整えて以前のような”1イニングを消し去る”圧倒的な姿を見せてもらいたい!

サファテ投手のコメント

「すごく緊張しました。しっかり投げられたし、自分の今の状態が十分わかった。体の痛みを感じることもなかったし、ここからがスタートかな。自分の中で、忘れられない瞬間の1つになった」


「投げ続けるだけ。プロ野球19年目なので。(開幕に)間に合わせられないと思うなら、今までやってきた野球が間違っていたことになる」

サファテ感慨「ここからスタート」11カ月ぶり実戦

復帰サファテ 指差しポーズ

それにしても、ジャイアンツも最終回は最後の最後まで食らいつきましたね。

サファテは全盛期の半分くらいの投球でしたが、それでもストレートは150キロ近かったし、並みの中継ぎ以上の力は感じました。

中島と石川の連打で作ったチャンスで、山本がしっかり送りバントを決めて2、3塁の状況を作れれば逆転も十分ありえましたね。

山本はずっとしぶといバッティングや守備で評価を上げてきたのに、こういう大事な場面で仕事ができないと…。去年も送りバントをミスってた気がする。

期待してる選手なので、気合いを入れ直して頑張って欲しいです。

 

さて、明日は巨人が菅野、ホークスが千賀のエース対決です。

千賀はオリックスの太田を骨折させてしまい、かなり落ち込んでいるみたいなので少し心配ですね…。

菅野は前回炎上したので、どれくらい修正しているのかじっくり見たいと思います。

コメント