2019年度プロ野球中継全球団ネット配信のスカパー!やその他の有料サービス

2019スカパーは12球団の試合をテレビでもネットでも視聴可能
参照:スカパー!

2018シーズンは、パ・リーグ全球団の公式戦およびオープン戦の一部とセ・リーグの巨人主催試合を除く5球団の主催試合ならびにオープン戦の一部を見ることができた「DAZN(ダゾーン)」が圧倒的なコストパフォーマンスを誇っていました。

しかし、2019シーズンは巨人に加え広島カープとヤクルトスワローズの主催試合も放送できなくなりました。

3/6追記…2019シーズンのDAZNはカープとヤクルトの主催試合が放送されなくなりますが、巨人主催試合を放送することが決定しました。

DAZN(ダゾーン)の2019野球中継に巨人主催試合が追加!
2019シーズンの「DAZN(ダゾーン)」野球中継から広島東洋カープと東京ヤクルトスワローズ...

プロ野球中継は1チームの主催試合が見られなくなるだけで結構な数の試合を見逃すことになってしまうので、ファンにとっては由々しき事態です。

パ・リーグはそのあたりは非常に良心的で、「パ・リーグTV」や「Rakuten パ・リーグ Special」、そして「DAZN」でも全チームの主催試合をパックにして安価に見られるようになっています。

けれどもセ・リーグはなかなか一枚岩にはならず、唯一全チームの主催試合を見られる「スカパー!プロ野球セット」は少々お高め…。

「DAZN」は月額税抜1750円(ドコモユーザーは980円)という破格の利用料金で多くの試合を見られる素晴らしいサービスだったんですが、今季は放映権の獲得が上手くいかなかったのかもしれませんね。

 

「DAZN」のメリットのひとつにはスマホやタブレット、パソコンに加えて「Fire TV Stick」を利用したテレビ視聴もできるマルチデバイス対応がありました。

今は昔と違ってテレビに興味がない人たちが大勢いてテレビ自体を持っていない人も多く、ネットで気軽に野球中継が見られるというのは大きな魅力だったんです。

「スカパー!」は全球団の試合を見られるのが最大のメリットでしたが、ネット配信は一部の球団に限られていたのでそういう層には全く魅力のないサービスでした。

ところが、今日2/27に「スカパー!」を運営するスカパーJSATが会見を開き”2019年シーズンはセ・パ12球団公式戦の放送および配信を実施する”と発表。※広島県など一部エリアではカープの主催試合(一部?)をLIVEで見られない場合あり。

追加料金なしでテレビとネットの両方で視聴できるようになったことで、「スカパー!」はセ・パ全球団全試合の放送&ライブ配信を行う最強の野球コンテンツになりました。

この決定には「DAZN」との激しい競争も少なからず影響していると思います。やっぱりサービスの向上には競争が必要だということでしょう。

スカパー!プロ野球セット構成チャンネル

参照:スカパー!

「スカパー!プロ野球セット」は上記の専門チャンネルがセットになったプランなので、プロ野球以外にもいろいろなスポーツやドラマ、アニメ、バラエティが見られるところも嬉しいですね。

全ての動画をいつでも好きなタイミングで見られるわけではなく、利用料金も月額3685円(税抜)プラス基本料390円(税抜)と安くはないですが、この金額に納得できる人には優秀な有料プロ野球放送サービスではないでしょうか。

ともあれ、今回の英断で「スカパー!」が2019シーズンの最も優秀な有料プロ野球放送サービスになったのは間違いなさそう。

しかし、それが全ての人にとって最適なサービスかといえばそうではないと思います。

その理由はやっぱり利用料金と見たいコンテンツのバランス。

例えば、パ・リーグのチームを応援している人で、セ・リーグの試合を全く見ないという人なら「DAZN」や「パ・リーグTV」「Rakuten パ・リーグ Special」などがコスパも高くておすすめです。

セ・リーグでもDeNAは「Abema TV」や「ニコニコ動画」で無料で見られるし、ジャイアンツは「ジャイアンツLIVEストリーム」や「Hulu」、ヤクルトは今年から「FODプレミアム」、カープと中日は「J SPORTSオンデマンド野球パック」などを利用すれば、ビジターも含めた全試合を見ることはできませんが「スカパー!」より安価に贔屓チームの主催試合+αを見ることができます。

無料の地上波放送やBS放送とこれらの有料野球放送サービスを組み合わせれば、多くの試合を見られるでしょう。

さらに、「Hulu」や「FODプレミアム」は野球コンテンツ以外にもたくさんの映画やドラマ、アニメなどを見ることもできます。

スカパーの金額を安いと思う人もいれば高いと思う人もいるし、”野球観戦”という趣味にかけるお金の価値観というのはそれぞれ違うものです。

利用料金と見られる試合の数や内容を比較衡量して自分のライフスタイルに一番合うプランを選択できればいいですね。

スカパー!プロ野球セット

プロ野球セ・パ12球団の公式戦やキャンプ&オープン戦も完全視聴可能。2019シーズンは全球団オンデマンド対応し、ネットでも視聴可能に。

※広島県など一部エリアではカープの主催試合(一部?)をLIVEで見られない場合があります。

利用料金は月額3685円(税抜)+基本料390円(税抜)

追記

スカパーに加入しようかどうか迷っていましたが、3/5と3/6のオープン戦(広島vs巨人)がどうしても見たかったので加入しました!「J SPORTS1」でしか見られないので…

アンテナがどうのこうので面倒なイメージがありましたが、スカパー!が映るかどうかをCS161/QVC(通販みたいなやつ)で確認してダメ元で手続きを進めたら5分くらいで視聴まで完了しました。

※私はアンテナをつける必要がなかったので簡単でしたが、アンテナが必要な方は取り付けなどの手間もかかると思われます。

スカパーお申し込み後30分で視聴可能

スカパーのサイトに行ってまずはスカパー!が映るかをCS161/QVCで確認し、映像が映ったら「ご加入はこちら」のボタンを押して手続き開始。

スカパーお申し込み前の確認

【1】~【3】はよく分からなかったけど、とりあえずCS161が映ったので「今すぐスカパー!に加入する」を押し手続きを進めます。ダメなら無料の内に解約すればいいかくらいの気持ちでした(笑)

スカパープランセットを選ぶ

プラン・セットを選ぶという項目が出てきたので、「プロ野球セット」を選び「選択商品の確認へ進む」を押します。

スカパー選択商品確認

選択商品確認のページになるので、内容をしっかり確認して「次のステップへ進む」のボタンをクリック。

スカパーB-CASカード入力

テレビに挿さっている「B-CASカード」の番号入力が必要みたいなので、それを入力します。

テレビ画面で確認する方法ならカードを抜かなくても番号を確認できるみたいでしたが、私はやり方が分からなかったのでB-CASカードを抜いて裏側の番号を直接確認しました。

スカパーお客様情報入力

次はお客様情報を入力。特に難しいこともないので記入欄を埋めていく感じですね。

スカパー加入申し込み完了

で、お支払い方法の選択が終われば申込完了!私はクレジットカード払いにしましたが、多分口座振替もあったと思います。支払い方法の選択肢は少ないですね。

その後、「続けて下記のお手続きをお願いします。」とありますが、アンケートに答えたり、「Myスカパー!IDのご登録のお手続き」というのがあります。この時一緒にネットで動画を見られる「スカパーオンデマンド」を希望する欄もあるのでお忘れなく。

メールアドレスにURL付きの認証メールが送られてくるので、それをクリックしてパスワードを決めたり、秘密の質問なんかを設定すれば「Myスカパー!IDのご登録のお手続き」が完了。

この登録が終わればスカパーのサイトでMyスカパーに「ログイン」でき、登録情報の変更や各種手続きができるようになるというわけです。

全ての手続きを終えてチャンネルを広島vs巨人を放送予定の「J SPORTS1」に合わせたらもう映ってました!通常は30分くらいかかると書いてたけど。

深夜の3時から6時の間は手続きを完了しても映像が映るのは6時以降とのことなので注意してくださいね。

今回の手続きはパソコンでやりましたが、スマホも多分同じように直感的に分かる感じになっていると思います。

DAZN(ダゾーン)

プロ野球(NPB、MLB)だけでなくサッカー、バスケ、テニスなど、130以上のスポーツコンテンツ、年間10000試合以上をワンパッケージで視聴可能なコスパ最高の総合スポーツ配信サービス。

サッカー関係は特に充実していてイングランドプレミアリーグやヨーロッパチャンピオンズリーグ(DAZN独占)も視聴できます。

プロ野球の2019シーズンはカープとヤクルトの主催試合が減り巨人の主催試合が追加されたので「パ・リーグ全球団の公式戦主催全試合およびオープン戦の一部、セ・リーグはカープ、ヤクルトを除く4球団の公式戦主催全試合(中日の一部主催試合を除く)と当該4球団のオープン戦の一部」となります。

利用料金は月額1750円(税抜)、ドコモユーザーは「DAZN for docomo」加入で月額980円(税抜)です。

初回1か月の無料お試し期間あり。

プロ野球有料放送(中継)はコスパ抜群のDAZN(ダゾーン)がおすすめ
かつては二桁視聴率が当たり前のプロ野球放送(中継)でしたが、徐々に伸び悩み2000年以降は日...
公式サイト→DAZN(ダゾーン)

パ・リーグTV

パ・リーグ主催試合(公式戦、交流戦、CS)とパ・リーグ2軍の公式戦、巨人・阪神主催の交流戦を配信するパ・リーグファンなら迷わずコレの最強サービス。

試合以外にもデータや特集動画、まとめ動画など、ファン目線に立ったコンテンツが山盛です。

基本はスマホ・タブレット、PCのネット配信ですが、「Google Chromecast」や「Apple TV」、「HDMI接続」を利用すればテレビの大画面でも視聴可能。

利用料金は通常価格が月額1450円(税抜)、パ・リーグ各球団/有料ファンクラブ会員は「月額950円(税抜)です。

公式サイト→パ・リーグTV

ジャイアンツLIVEストリーム

ジャイアンツのホーム全71試合(2019シーズン)、ビジター戦(阪神、DeNA、交流戦)、二軍公式戦を試合開始から終了まで完全生中継し、さらにキャンプや練習試合、オープン戦も見られるジャイアンツ特化型の動画情報コンテンツ配信サービスです。(公式戦以外にもジャイアンツ主催の試合はほぼ全て視聴可)

私も利用しているジャイアンツ関連では最高のサービスなのですが、「基本はネット配信(スマホ、タブレット、PC)のみ」「映像があまりきれいではない」などのデメリットもあります。

利用料金は月額1500円(税抜)、無料で登録できるGIANTS ID会員になれば500円引きの月額1000円(税抜)です。

巨人の主催試合(1軍&2軍)やオープン戦、キャンプの放送・中継はGLS!
参照: プロ野球中継が地上波から少なくなり、放送がBS→CSと移っている昨今。 ...

Hulu(フールー)

ジャイアンツのホーム全71試合(2019シーズン)が見られる有料オンライン動画配信サービスです。

公式戦以外にもジャイアンツ関連の試合を放送することがあります。(巨人対マリナーズ戦なども放送予定)

野球コンテンツは、特化型の「ジャイアンツLIVEストリーム」に劣りますが人気映画やドラマ、アニメなど、50000本以上が好きな時に見放題なので、ライト層にはとても人気があるサービスです。

マルチデバイスに対応しており、スマホやタブレット、パソコンに加え、「Amazon Fire TV」や「Apple TV」「Google Chromecast」、「PlayStation 4」などの機器を利用すればテレビでも視聴可能。

利用料金は月額933円(税抜)です。

初回2週間の無料お試し期間もあり。

2019年時点での「ジャイアンツLIVEストリーム(GLS)」と「Hulu」の比較

GLSHulu
月額
  • GIANTS ID会員
    (税抜1000円)
  • それ以外の人
    (税抜1500円)
税抜933円
無料お試し期間なし2週間
視聴可能試合
  • 巨人主催試合
    (全71試合)
  • イースタン公式戦
  • 一部のビジター戦
    (阪神・DeNA・交流戦)
  • 巨人主催試合
    (全71試合)
リアルタイム配信
見逃し配信×
オフシーズン
(キャンプ・オープン戦等)
×
野球以外の動画なし映画・ドラマ・アニメ
視聴可能な端末
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • テレビ

※GIANTS ID会員は無料(メールアドレスのみ)で登録できる会員サービスなので、「ジャイアンツLIVEストリーム」加入時には予め登録しておくことをおすすめします。500円引きはかなり大きいです。

公式サイト→Hulu(フールー)

J SPORTSオンデマンド野球パック

「J SPORTS」の番組をパソコンやスマホ、タブレット向けにオンデマンド配信するサービスで、「野球パック」を契約するとカープ、中日、オリックス、楽天の試合を視聴可能。

「Google Chromecast」や「Apple TV」を利用すればテレビで見ることもできます。

※広島県など一部エリアではカープの主催試合(一部?)をLIVEで見られない場合があります。

利用料金は月額1800円(税抜)、25歳以下はU25割で半額の月額900円(税抜)

FODプレミアム

フジテレビ制作のドラマや映画、アニメ、雑誌などが見放題になるサービスで、2019シーズンから東京ヤクルトスワローズ主催の全試合を完全生配信することが決定しています。

「Hulu」のヤクルト版というイメージですね。

基本はスマホ・タブレット、PCのネット配信ですが、「Amazon Fire TV」や「Apple TV」を利用することでテレビで見ることもできます。

利用料金は月額888円(税抜)

AmazonアカウントでFODプレミアムに初めて登録すると、月額コース利用料金が1か月無料です。

公式サイト→FODプレミアム

金額は気にせずに全試合を見たいという人は迷わず「スカパー!」に、全部の試合が見られなくても出来るだけ安く贔屓の試合が見たいとか、他のスポーツも一緒に見たい、野球以外のコンテンツも見たい、という人はそれに合ったものに加入し、自分に合った視聴スタイルで野球を楽しみましょう!

コメント

  1. レイム より:

    管理人さん、父親の影響で巨人ファンになったのなら、スカパーを契約して料金を折半してみてはどうですか?

    • minami minami より:

      レイムさん、コメントありがとうございます。
      今、DAZNとGLS、Netflix、dアニメストア、AmazonPrimeなどなど、契約している有料サービスが多いのでちょっとスカパーはどうしようかと悩み中です…(;´д`)
      プレミアリーグとヨーロッパチャンピオンズリーグが観たいのでDAZNは外せないしGLSは何年も前の巨人戦が見えたりスカパーにない長所がいろいろあるんですよねぇ…。
      とりあえずはDAZNとGLSで観られない試合だけスポットでJスポやFODに加入してお茶を濁そうかな。

  2. たなやん より:

    現地観戦に5000円て考えると安いけれどモニターで見るだけのスカパーに4000オーバーは高いですね
    そのぶんがあればドームでビールを5杯も飲めますよww
    僕は今年もdaznとhuluの2000円が限界です

    • minami minami より:

      たなやんさん、コメントありがとうございます。
      HuluもFireTVを使ったら簡単にテレビ画面で観られるし、コンテンツが多くて結構いいですよね!
      まあ、価値観というのは人それぞれですが、ビール1杯800円ってのもなかなかです(´∀`)