2年ぶりの交流戦!開幕戦は打撃陣の大活躍で楽天に勝利!

5月25日 対楽天1回戦・東京ドーム 9-4で大勝利

2年ぶりの交流戦が始まりましたね!

新型コロナの大流行でカープにクラスターが発生し試合が延期になったりと厳しい状況ですが、今季限定の特別ルールの導入で開催されることになりました。

今季は6月17日までに全日程が消化されなかった場合、15試合以上を消化して勝率5割以上のチームの中で、最高勝率のチームを交流戦優勝とする特別ルールを決めた。
ただし、試合消化が15試合未満のチームでも、残り試合を負け数に加えた上で勝率が1位の場合には優勝となる。また2位以下の順位は試合数に関係なく、6月17日終了時点の勝率で決定される。

プロ野球 交流戦V規定変更、日程消化できないケースに備え今季限定で| デイリー

昨年はできませんでしたが、お互い激突するというのはファンの方も非常に楽しみにしていると思うので、我々も楽しみの中に厳しさを、そして勝負するということが大事だと思います。



交流戦開幕戦はホームでの楽天戦です。

一昔前は弱小チームだった楽天ですが、近年は相次ぐ大型補強で着実に強くなっていて現在もホークスに0.5ゲーム差の2位。

うちはケガ人多数で投手陣も不安…。

月刊ジャイアンツ2021年7月号表紙と付録

今月の月刊ジャイアンツは表紙がケガの坂本、付録のクリアファイルは登録抹消の今村でした…。

チーム状況が良いとはいえないなかで楽天相手にどれくらい戦えるのかと心配していましたが…

なんと9-4の大勝利!当ブログでは5点差以上が大勝利になります。

5回で4点取られた戸郷は反省ですが、それ以降を2安打無失点に抑えたリリーフ陣や17安打9得点の打撃陣は素晴らしかったですね。

 

戸郷は序盤は三振も取れて良い感じに投げていたのに4回に崩れて一挙4失点…。

球際の弱さで2つ長打にしてしまった丸の守備がまずかったのは確かですが、ダイビングしなければ捕れないような当たりを許した戸郷は何も言えないはず。

次の浅村への四球もちょっと気持ちが負けてた気がします。あのスイングを見たら怖くなる気持ちも分からないではないけど。

そして島内に逆転スリーランを被弾。

島内は10年以上のキャリアの中で得点圏打率が打率を下回ったのは2014年の1回だけという勝負強いバッター。

今季も4割近い得点圏打率を記録しているのでランナーは貯めて勝負したくなかった…。

右打者はある程度抑えられているんだけど左が抑えられないですね。

左打者にはリリースポイントが見やすいフォームで現状球種的にもストレートとフォークで勝負みたいになってるのがきつい。

横変化がそれほど大きくないのでバックドアのスライダーもそれほど効果的ではないし緩急をつけるためのカーブの精度もイマイチ。

スライダーの変化量を増やすために横振りにすればストレートがますますシュート回転しそうだし…どうしたものか。

投手コーチたちと相談してなんとか解決の糸口を見出してもらいたいですね。

ただ、勝ち星がついたというところに、感謝の気持ちを持ちね、さらにあすからの練習で精進してもらいたいという風に思いますね。彼はまだまだ若いし、「途上」ですから。



うって変わって好調の打撃陣。

4番が打ってないのに9点も取ってるのは素晴らしい!

猛打賞に2打点の1番松原は梶谷のケガの不安を忘れさせるような働きだったし、3番の尚輝は4打点の大暴れ。

能力的にはウィーラー3番が良さそうではあるんですが、左右のバランスや早いカウントから打っていく尚輝のスタイルなら3番も悪くはない。

「勇人さんがいなくなってチームも厳しい。何とかカバーしあってやっていけてると思うので、何とかみんなで全員でカバーしていければなと思います」

どこかの国の環境大臣みたいでコメントにもキレが出てきた(笑)

このところ上向きという中で、3番に置いて非常にいいものを出してくれていると思います。

そういえば若林もマルチ安打で守備でも魅せてたし、松原・尚輝・若林の横縞ストッキングオールドスタイル組は大活躍でしたね!

巨人横縞ストッキング導入!岡本着用のSTANCEソックスがきっかけ?
いよいよ今日からパ・リーグチームとの交流戦です。 現在ジャイアンツは23勝16敗でセ・リーグ2...

次戦もこの三人組には躍動感あふれる活躍を期待したいです。

 

あとは二人で5得点を荒稼ぎした外国人たち。

こんな頼もしい助っ人がジャイアンツにいたのはいつ以来なのだろうか。しかも二人も。

ウィーラーはあいかわらず神だし、スモークの打球角度はかっこよすぎる!

両方ともパワーだけじゃなくて柔らかいバッティングもできるし見ていて楽しい選手たちです。

テームズもいれば他球団の投手たちは震え上がっていたでしょうね。残念…。

 

そのほか、ちょっと調子が上がってきたっぽい大城や大人の小細工で押し出し四球を勝ち取った亀井さんなどたくさんの見どころがあった試合でした。

今年もホークスと日本シリーズを戦い、今度こそ勝つためにも楽天だけは叩いておかないと。

2戦目の則本は今日のようには簡単にいかない相手ですがなんとか攻略してもらいたいですね。

コメント

  1. 恥ずかしながら巨人ファン より:

    結果的には大勝利なんでしょうけど、1歩間違えれば大敗しててもおかしくない試合でした。
    スモークのホームランのあとのチャンスで、戸郷のライト前ヒットでのサードコーチの判断ミス。ホーム2メートル手前で楽々アウトですよ。ツーアウトならわかるけど突っ込ませなければワンアウト満塁ですからね。押せ押せの場面になる所をコーチの凡ミスで潰し、これで流れが悪くなるなと思ってたら案の定、戸郷が打たれて一旦逆転されてしまった(丸の落球連発はギリギリのプレーですしね。そのあと超ファインプレーで意地を見せた)。それでもウイーラーの逆転ホームランで悪い流れを変えてくれたから良かったものの、ここまで本当に凡ミスが多い。選手だけじゃなくコーチまで凡ミスしてるようでは……そんな時、原監督が呆れたような顔を見せる気持ちもわかります。プロなんだからそれくらいのことはやってくれよ(わかるだろ)ということなんでしょう。

    • minamiminami より:

      恥ずかしながら巨人ファンさん、コメントありがとうございます。
      勝った試合だからよかったけど確かに戸郷のヒットの場面は悲惨でしたね(^^;)
      戸郷もえ?って顔してたし、観客も監督もみんな唖然としてました。
      チームが万全じゃない中で優勝を狙っていくにはやっぱりミスを減らさないといけませんね。

タイトルとURLをコピーしました