【2020プロ野球】3/20開幕戦の対戦カード

2020プロ野球開幕戦3月20日 桜

NPB(日本野球機構)から2020年度のセントラル・リーグ、パシフィック・リーグ公式戦試合日程が発表されました。

1球団あたりの試合数は、2019年度と同じくリーグ内対戦が25回戦総当たり125試合とセ・パ12球団による交流戦18試合の合計143試合に決定。

東京五輪開催のため、7月21日から8月13日までは中断期間となっています。

開幕戦は春分の日、2020年3月20日(金)


追記1

中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大を受け、専門家チームは「延期することが望ましい」とNPBに開幕延期を助言したようです。

オリンピックも通常開催されるか分からなくなりましたし、今季のプロ野球はどうなるのでしょうか…。

追記2

3/9に臨時の12球団代表会議が開催され3月20日のプロ野球開幕延期が決定しました。

NPB斉藤コミッショナーの話では2軍は3月いっぱい無観客の練習試合とし、1軍は4月中の開幕を目指すとの事。

開幕延期以外の詳細は3月12日に再び話し合いの場を持ち、CSの日程なども含め様々な事柄について決めるようです。

臨時の12球団代表者会議が9日、都内で開催され、3月20日のプロ野球開幕の延期が決まった。会議後に会見に臨んだNPB斉藤コミッショナーは「2軍は3月いっぱいは無観客の練習試合とする。1軍は4月中の開幕目指す。現状、患者がどんどん増えている。20日で開催するには時間がない」と話した。

3・20プロ野球開幕の延期決定 専門家から提言|日刊スポーツ

追記3

3月12日の12球団代表者会議で開幕は4月10日以降の複数日程でシミュレーションしていくことで合意したようです。

会議後、会見に臨んだ斉藤惇コミッショナーは、最も注目されるペナントレースの開幕時期について「事態が流動的なため、開幕は4月10日以降の複数日程でシミュレーションしていくことで合意した。クライマックスシリーズ(CS)はやるという計算。日本シリーズは11月末ぎりぎりまで延ばすという日程変更を含めて考える。無観客ではやらないことを前提にしている」などと話した。

開幕までの期間は、シーズンに備えて無観客の練習試合を行う。すでに決まっているペナントレースの組み合わせで、時間や場所、また開催するかどうかは当該球団同士が話し合って決める。

プロ野球は4月10日以降開幕でシミュレーション CS開催で調整…日本Sは11月末ギリギリか 12球団代表者会議 |中日スポーツ

追記4

3月12日の代表会議で4月10日以降の開幕を目指す方針が合意されましたが、状況が改善する見通しは全く立たず4月10日の開幕は難しそうです。4月10日を断念した場合は4月中旬以降の開幕を模索することになるようですが、球団としては無観客でのシーズン開幕はありえないでしょうし、プロ野球観戦の性質上感染リスクはかなり高いと思われるので難しい調整になりますね…。

17日の営業担当者会議では、10、14、17、21、24、28日を開幕日の候補として日程を作成。10日開幕を断念した場合は、残りの日程案から開幕日を検討する。すでに日本シリーズを11月下旬に遅らせて公式戦143試合を実施する方針を固めているが、開幕が4月半ば以降にずれ込むと日程がさらにタイトになる。そのため、クライマックスシリーズ(CS)を短縮し、第1ステージ(S)を最大3試合から1試合、最終Sを6試合から4試合にするなどの対応がとられる見通しだ。

プロ野球4・10開幕を断念か…慎重論多く4月中旬以降を模索|スポーツ報知 




例年より1週間ほど早い開幕になりますが(2019年度は3月29日)、これは1950年(セ・リーグ10日、パ・リーグ11日)、1964年(セ・リーグ14日、パ・リーグ20日)以来の早期開幕のようです。

対戦カードは以下の通り。(開幕カードのホームチームはセ・リーグが2018年の上位3球団、パ・リーグは2016年の上位3球団)

セントラル・リーグ

  • 読売ジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズ
  • 東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガース
  • 広島東洋カープvs中日ドラゴンズ

パシフィック・リーグ

  • 東北楽天ゴールデンイーグルスvsオリックス・バファローズ
  • 埼玉西武ライオンズvs北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズ



対戦カード詳細

日程対戦カード球場開始時間
3/20(金)巨人vsDeNA東京D18:00
ヤクルトvs阪神神宮13:00
広島vs中日マツダ13:30
楽天vsオリックス楽天生命P13:00
西武vs日本ハムメットライフD14:00
ソフトバンクvsロッテPayPayD13:00

 


2019シーズンのセ・リーグは原監督復帰の読売ジャイアンツが5年ぶり37度目の優勝を決め、パ・リーグは西武ライオンズが独走状態だったホークスを最後まで諦めずに追いかけ2連覇を達成しました。

両リーグともシーズン最終盤まで優勝が決まらず、ある意味ドキドキした楽しい?シーズンだったと思います。

2020シーズンは東京オリンピックの影響で中断期間があったり、オリンピックに出場する選手がいたりと、これまで以上に調整が難しいシーズンになりそうですが、選手たちはケガだけには気をつけてまた素晴らしい野球を見せてもらいたいですね。

ジャイアンツの開幕カードは強敵DeNA、ホークスの対戦チームは苦手のロッテと簡単ではない試合になりそうですが、シーズン序盤を有利に戦うために是が非でも勝ち越してもらわなければ!

ジャイアンツは2019シーズンに続いてのリーグ優勝2連覇を、ホークスはライオンズの3連覇を阻み久しぶりの優勝を勝ち取ってもらいたいです。

2020プロ野球の日程(開幕戦、交流戦、オールスターなど)
プロ野球(NPB)2020年度の日程が7月下旬に発表されました。 2019年度の日程は...

コメント

  1. 俺内野手 より:

    鴎ファンです。一言よろしいでしょうか?ビジターの時に高確率でソフトバンクと当たる運の無さ勘弁してちょ…

    • minamiminami より:

      俺内野手さん、コメントありがとうございます。
      ホークスとロッテは1年おきくらいで開幕当たりますね~。
      でも相性を考えると勘弁してと思ってるのはホークスかも…
      どうぞお手柔らかに(^▽^;)

  2. 松村幸作 より:

    2020年開幕カードはパ・リーグ2017年の上位チームのホーム球場で対戦しますけど2017年の順位は1位softbank、2位西武、3位楽天、4位オリックス、5位日本ハム、6位ロッテだから、softbankオリックス、西武日本ハム、楽天ロッテだと思うですどに何でsoftbankロッテのカードなのかなぁ。

    • minamiminami より:

      松村幸作さん、コメントありがとうございます。
      1,2,3位がホーム開催なのは変わらないんですが、2000年あたりから4,5,6位のチームがどことマッチアップするかはランダムになってるみたいですね。
      ランダムとは言っても内部的な都合を考慮して組み合わせてるんだとは思いますが。
      それにしても開幕戦、ソフトバンクとロッテはよく当たりますね(;´∀`)

タイトルとURLをコピーしました