2020プロ野球の日程(開幕戦、交流戦、オールスターなど)

2020プロ野球(NPB)日程

プロ野球(NPB)2020年度の日程が7月下旬に発表されました。

2019年度の日程はシーズン終了後に行われたので例年より約4か月早い発表になりましたが、大枠自体は2018年9月12日のプロ野球オーナー会議で決まっていたようですね。

以下に2020年度の主な日程(開幕戦、交流戦、オールスター、日本シリーズ等)を記載しています。

 

追記※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響で多くの日程が延期・中止状態になっています。

2020年度プロ野球日程

  • 春季キャンプ…2020年2月1日(土)~
  • オープン戦…2020年2月16日(日)~
  • 開幕戦…2020年6月19日(金) ※決定
  • セ・パ交流戦…2020年5月26日(火)~ ※中止決定
  • オールスターゲーム…2020年7月19日(日)、2020年7月20日(月) ※中止決定
  • プロ野球ドラフト会議…2020年10月26日(月)
  • クライマックスシリーズ(CS)…2020年11月14日(土)~ ※セは中止、パはファイナルSのみ開催
  • 日本シリーズ…2020年11月21日(土)~ ※開催



春季キャンプ・オープン戦

プロ野球の実行委員会と日本野球機構(NPB)の理事会が3日、東京・文京区の東京ドームホテルで開かれ、2020年東京五輪の影響で開幕日が早まる来季も、春季キャンプは前倒しせず2月1日から行うことを確認した。

プロ野球、来季開幕前倒しもキャンプは2・1から 

 日本野球機構(NPB)は10日、来季のオープン戦日程を発表した。2020年度のオープン戦開幕は2月16日の巨人対DeNA(那覇)で、日本ハム対巨人(名護)など4試合が開催される2月22日から本格的に行われる。

 2月29日には札幌ドーム、東京ドーム、ZOZOマリン、ナゴヤドーム、PayPayドームと、5試合が1軍本拠地で開催。名称が変わったPayPayドームは同日のソフトバンク対阪神が“デビュー戦”となる。オープン戦は3月15日に終了する

NPBが2020年オープン戦日程発表 2月16日に開幕、3月15日に終了する 

春季キャンプ開始日

2020年2月1日(土)

オープン戦開始日

2020年2月16日(日)

東京五輪開催に合わせた中断期間の影響で開幕が例年よりも早い3月20日になるので、2019シーズンよりも16試合少ない85試合となります。

スタートは2月16日に沖縄県那覇市(沖縄セルラースタジアム那覇)で行われる巨人対DeNA戦です。

プロ野球開幕戦

春の並木道

2020年6月19日(金) 開幕決定

追記

5/25、政府による緊急事態宣言全面解除を受け、NPBは「6月19日(金)」にセ・パ両リーグで公式戦を開幕することを発表しました。

プロ野球12球団は25日、オンラインで12球団代表者会議を開催、政府による新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除されたことを受け、6月19日(金)にセ・パ両リーグで公式戦開幕することを決定いたしました。

2020年度公式戦開幕について|NPB

対戦カードなどの詳細は↓

【2020プロ野球】6/19開幕戦の対戦カード
NPB(日本野球機構)から2020年度のセントラル・リーグ、パシフィック・リーグ公式戦試合日...

両リーグとも2020年度の1球団あたりの試合数は、リーグ内24回戦総当たりの120試合となります。



セ・パ交流戦(中止決定)

追記

4/17にNPBより2020年日本生命セ・パ交流戦の開催中止が発表されました。

 一般社団法人日本野球機構は、5月26日(火)から開催を予定していた2020年日本生命セ・パ交流戦の開催中止を決定しましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症の影響で開幕遅延を余儀なくされているなか、今シーズンの試合日程を総合的に検討し、判断いたしました。特別協賛社である日本生命保険相互会社様にもご理解をいただき、このたびの決定となりました。

2020年日本生命セ・パ交流戦 中止のお知らせ|NPB公式

2020年度のセ・パ交流戦も、例年通りホーム9試合、ロード9試合の計18試合(全108試合)が行われます。

初戦カードは5月26日、巨人vs楽天、ヤクルトvs日本ハム、DeNAvsオリックス、中日vsソフトバンク、阪神vsロッテ、広島vs西武の6試合。

2019年度の交流戦成績はパ・リーグが58勝46敗4分と、10年連続14度目の勝ち越しを決めました。2020年度もパ・リーグが強さを見せつけるのか、それともセ・リーグの逆襲するのか…個人的に交流戦は大好きなので楽しみです。

交流戦開始日

2020年5月26日(火) ※開催中止決定

オールスターゲーム(中止決定)

ヤフオク!ドームとナゴヤドーム

追記

5/11にNPBより2020年オールスターゲームの開催中止が発表されました。

1951年に第1回が開催され、今年で70回目を迎える予定でしたが、史上初の中止となりました。

中止の理由について斉藤コミッショナーは、「時間を考えても選手を選ぶことができるかという問題があった」と説明しています。7月13日に開催予定だったフレッシュオールスターも同時に中止が決定しています。

日本野球機構(NPB)は11日、12球団代表者会議をオンラインで開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今季のオールスターゲームを中止することを決定した。オールスターは7月19日に第1戦をペイペイドーム、20日に第2戦をナゴヤドームで開催する予定だった。中止は史上初。

球宴が史上初の中止 第1戦はペイペイドーム、第2戦はナゴヤドームで開催予定も|西日本スポーツ

開催日

  • 1戦目…2020年7月19日(日)
  • 2戦目…2020年7月20日(月)

予備日…2020年7月21日(火)

試合会場

  • 1戦目…福岡PayPayドーム
  • 2戦目…ナゴヤドーム

オリンピックによる中断期間

東京オリンピック

追記

2020年の東京オリンピック開催は中止、2021年に開催予定。

2020年は東京オリンピックが開催されるため(2020年7月24日(金)~2020年8月9日(日))、プロ野球はセ・パ両リーグともリーグ戦が一時中断されます。

五輪開催に先立ってソフトボールが行われる22日から中断され、8月9日の閉会式後に野球代表選手に4日間の調整期間を設けた後、同14日から第3クール(後半)が再開される予定です。

中断期間…2020年7月21日(火)~2020年8月13日(木)
東京オリンピック野球競技の詳細(参加国、会場など)と代表メンバー予想
夏季オリンピックの野球競技は1904年にアメリカのセントルイスオリンピックで初めて公開競技※...

2020年新人選手選択会議 (プロ野球ドラフト会議)

2020年新人選手選択会議は例年通り大正製薬の特別協賛により「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」という公式タイトルで行われます。

今年は新型コロナの影響で公式試合がことごとく中止になっているので、スカウトさんたちのこれまでの行動や眼力が試されそうですね。

2020年10月26日(月)~

2020年10月26日(月)に開催します2020年新人選手選択会議は大正製薬株式会社の特別協賛をいただき、公式タイトルを「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」といたします。なお、大正製薬株式会社の特別協賛は2013年から8年連続となります。

2020年新人選手選択会議 特別協賛社決定のお知らせ |NPB

クライマックスシリーズ

追記

セ・リーグ行わず、パ・リーグはレギュラーシーズンの1位と2位による対戦(ファイナルステージ)のみ、アドバンテージ1勝が付いた4試合制で開催。

2020年11月14日(土)~

クライマックスシリーズは、ファーストステージが10月24日(土)から、ファイナルステージが10月28日(水)から行われます。

  • 11月14日(土) ~(1位対2位)
  • 11月15日(日) ~(1位対2位)
  • 11月16日(月) ~(1位対2位)
  • 11月17日(火) ~(1位対2位)
  • 11月18日(水) ~(予備日)

日本シリーズ

追記

NPBの斉藤コミッショナーは11月21日に日本シリーズ開幕を発表しました。

日本シリーズ開幕…2020年11月21日(土)~

 



まとめ

2020年度プロ野球日程

  • 春季キャンプ…2020年2月1日(土)~
  • オープン戦…2020年2月16日(日)~
  • 開幕戦…2020年6月19日(金) ※決定
  • セ・パ交流戦…2020年5月26日(火)~ ※中止決定
  • オールスターゲーム…2020年7月19日(日)、2020年7月20日(月) ※開催中止
  • プロ野球ドラフト会議…2020年10月26日(月)
  • クライマックスシリーズ(CS)…2020年11月14日(土)~ ※セは中止、パはファイナルSのみ開催
  • 日本シリーズ…2020年11月21日(土)~ ※開催

レギュラーシーズンの開幕は例年より1週間ほど早い3月20日となり、1950年(セ・リーグ10日、パ・リーグ11日)、1964年(セ・リーグ14日、パ・リーグ20日)以来の早期開幕となります。

オリンピックの中断期間が約1か月あるので、選手たちはコンディションを維持するのが例年以上に難しくなるのは間違いないし、オリンピックの野球代表に選ばれた選手はケガをする可能性もあります。

さらに日本ハム(6月16日~8月16日)、DeNA(6月9日~8月23日)、ヤクルト(7月6日~9月13日)はそれぞれ本拠地を使用できない期間があるなど、どのチームにとっても五輪の影響は大きく、簡単ではないシーズンになりそうですね。

どのチームの選手もケガなく、素晴らしい試合を見せてくれることを期待しています。

コメント

  1. トラウタニ より:

    minamiさんこんにちは。
    まだシーズン途中なのにもう来季の日程出たんですね。
    東京オリンピックの影響がどのチームにも大きそうですが各チームのマネジメント力が問われるシーズンになりそうです。
    主催試合で球場を使えない球団も多いのでヤクルトや横浜は打撃成績が落ちるかもしれませんね。
    オリンピックも合わせると長い時間野球を見られる年になりそうです。

    • minamiminami より:

      トラウタニさん、コメントありがとうございます。
      オリンピックの日程の兼ね合いなどもあって早めに発表されたんでしょうかね。
      ちょっと変則的なスケジュールのシーズンになるのでややこしいかも…。
      来年は選手もファンも忙しい年になりそうですね。

  2. たなやん より:

    僕は五輪に全く興味がないのでプロ野球だけには迷惑をかけてくれるなよという気持ちでした
    期間は長くなりましたが試合数が減るとかはなさそうなのでとりあえずほっとしています
    なぜ五輪の会場がドームじゃなくてハマスタなんでしょうかね・・・
    とりあえず今年は巨人が優勝していい気分で2020年を迎えたいね

    • minamiminami より:

      たなやんさん、コメントありがとうございます。
      五輪がドーム開催じゃないのはセキュリティ上の都合だとかいうのはちらっと聞いたことがあるけど…
      どうなんだろう、ちょっと定かではありません(;´∀`)
      ドームのほうが天候関係ないし選手も涼しくてよさそうですけどね~。
      まあ、とにかく巨人は今年の優勝ですよね!

タイトルとURLをコピーしました