Phiten(ファイテン)ネックレスの効果や種類など

ファイテンメタックス

画像参照:https://www.phiten.com/

Phiten(ファイテン)1983年創業の健康器具メーカーです。

健康アクセサリーを販売している企業の中では最も有名かもしれません。

企業スローガンは”すべては健康を支えるために“。

アスリートとの契約にも力を入れており、野球ではカープの丸 佳浩選手やスワローズの山田 哲人選手、フィギュアスケートの羽生 結弦選手、ゴルフの松山 英樹選手など各競技のトップクラスの選手と契約を結んでいます。

 

ファイテンの特長は金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術”水溶化メタル技術“。

この技術によってチタンやゴールド、シルバー、パラジウム、プラチナなどを単体(アクア〇〇シリーズ)、もしくは複合(メタックスシリーズ)して水溶化し、生地全体や繊維一本一本に含浸する事を可能にしています。

ファイテンの効果

ファイテン商品の根幹となるアクアメタルの効果については、HP上では「各種金属の特性を最大限に活用する事でヒトが本来持っている力を引出し、体を本来のリラックス状態に導く」「ストレスや疲労の蓄積で狂った心身のバランスを最良に保つ」などアバウトな説明になっています。

これは薬機法の関係上個別具体的に効果効能を謳えないからだと思われます。

※ただし、医療機器認証を受けている”RAKUWA磁気チタンネックレス”については効果効能を謳えるので「装着部位のこり及び血行の改善」と記載。

 

HP上では具体的な事は書かれていませんが、ファイテンが京都府立医科大学に寄付講座「予防健康医学講座」を開設した事をきっかけに発足した”アクアメタル研究会“ではアクアメタルのさまざまな作用が研究発表されています。

研究発表は「生体システムに及ぼすアクアチタン素材の効果:健康の回復とパフォーマンスについて(マッセイ大学:デービッド・ローランド氏)」「運動後の筋損傷にともなう代謝障害におよぼすアクアゴールドの影響(京都府立大学:青井渉氏)」「アクアチタンテープと人体における回復への影響(ブラウンシュバイク工科大学:マーチン・コルテ氏)」など。

研究会の公式HP→ アクアメタル研究会

寄付者の意図を汲んだ研究なのは否めませんが、論文を見ればアクアメタルに一定の効果があるのは確かなようです。

プラシーボ効果も当然あるとは思いますが…。

商品のグレード(種類)

ネックレスのグレード(種類)については、基本的に”磁気チタンネックレスシリーズ“、”アクアチタンX〇〇シリーズ“、”メタックスシリーズ“に分かれており、中には磁気とアクアチタンを組み合わせた商品もあるようです。

磁気ネックレスシリーズ

磁気チタンネックレスは上でも少し触れたとおり、医療機器認証を受けているので「装着部位のこり及び血行の改善」の効果を謳うことができます。

医療機器認証を受けている商品は商品説明に医療機器認証番号が記載されているのでそこで判断するといいかと思います。

ファイテンの磁気ネックレスシリーズは、デザインや磁力の強弱(50~130mT)によっていくつかのタイプがあり、価格は良心的なものが多いようでした。

磁力の強さを表す「mT」は”ミリテスラ”と読み、1mTで1センチ四方の面に10本の磁力線が通っている事を表していて、値が大きい程磁力が強くなります。

130mTだと磁気ネックレスでは標準~やや強いくらい。

その130mT磁石4個を使ったRAKUWA磁気チタンネックレスS‐Ⅱは、値段もそこそこでデザイン性も悪くないと思います。

 

同じく磁石を使った商品で、ピップのマグネループは150mTの磁石を4個、70mTの磁石を16個配置、コラントッテのクレストは160mTの磁石を8個配置しています。

 

ファイテンの商品ではありませんが、デザイン性を抜きにして磁力と価格だけを考えるならマグネループもおすすめ。

 

アクアチタンX〇〇(RAKUWAネック)シリーズ

ファイテンのネックレス商品でもっとも商品数、販売数が多いのがアクアチタンX〇〇(RAKUWAネック)シリーズ。2018年時点で累計3900万本以上を販売しています。

アクアチタンとはファイテンの水溶化メタル技術によってチタンをナノレベルで水中に分散したもの。

X〇〇の〇〇には10、30、50、100などの数字が入りますが、X50は通常の約50倍濃度でアクアチタンを含浸、X100なら通常の約100倍濃度で含浸という事になります。

基準となる「通常」というのがどれくらいなのかは分かりませんが、数字が大きい方が効果が期待できるようです。

 

RAKUWAネックX50ハイエンドIIIはAmazonなら3000円弱で購入できるので、最初にファイテンのネックレスがどういう感じなのかを知るにはおすすめかと思います。

私も一番最初に買ったのはこの商品でした。

ファイテンネックレスRAKUWAネックx50

 

効果は多少なりとも感じられましたが、紐の長さが50cmなので女性には少し長いというのと、デザイン的に結構主張するので服装を選ぶところは△。

ただ、服の下に見えないように着けたい人には長めのほうが隠しやすくていいかもしれません。

 

続いて、アクアチタンXシリーズ最上位のX100で一番人気があるのはこのRAKUWAネックX100 (チョッパーモデル)だと思います。フィギュアの羽生選手がつけているのもこのタイプ。(ミラーボールと併用)

 

値段的にもまずまずでシンプルなデザイン。

紐の長さ(40or50cm)を選べるところも評価されているようです。

 

ちなみに、私はRAKUWAネックX100チョーカースクエアを使っています。

RAKUWAネックx100チョーカースクエア

 

値段はチョッパーモデルよりやや安め。

40cmのワンサイズしかないので男性にはちょっと短いかもしれませんが、女性の首元にはぴったりフィットする長さです。

メタックスシリーズ

アクアメタル技術

画像参照:https://www.phiten.com/

ファイテンHPではメタックスについて「ファイテンの水溶化メタル技術により、各種金属をナノレベルで水中に分散したもの」「最高レベルの技術メタックス採用※当社比」と書かれています。

文言とメタックスの三角形を組み合わせたような六芒星のロゴから察するに、アクアチタンやアクアシルバーなどの各種金属を水溶化してミックスしたのがメタックスという技術なのでしょう。

アクアメタルをミックスすると単体と比べてどのくらい違うのかなど具体的な事は書かれていませんが、商品ページには「最高レベルの技術」や「ハイパワーネックレス」といった言葉が並んでいるのでファイテンの最も自信のあるネックレス商品はメタックスという事になると思います。

 

たくさんのプロ野球選手がつけているモデルがこのRAKUWAネックメタックスクリスタルタッチです。

 

ターコイズブルーかブラックをつけている選手が多いですが、ターコイズブルーは目立つのですぐに分かりますね。

メタックスはまだ新しい技術なので商品数がそれほど多くなく、現時点で確認できているのはクリスタルタッチとラウンドだけですが、メーカーがかなり力を入れているので今後もさまざまなデザインのメタックスネックレスが発売されるんじゃないかと思います。

ファイテンの商品を購入する時には偽物に注意してください。ファイテン商品は人気があるので偽物が多数出回っているようです。

弊社商品「RAKUWAネック・ブレス」のコピー商品が市場に出回っており、正規取扱店以外でご購入されたお客様から多数の被害報告を受けております。特にオークションサイトでご購入された消費者様から被害のお問い合せがございます。極端に安い販売価格やデザインに不審な点があるなど、疑わしい商品にはご注意ください。

ファイテン公式サイト

Amazonで購入する場合は、正規販売店であるAmazon自身が販売&配送しているものについては偽物の可能性はありませんが、その他の個人や法人が販売しているものについては注意が必要です。

具体的には「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します」と記載されているものはAmazon自身が販売&発送しているので大丈夫。

「この商品は、〇〇が販売し、Amazon.co.jpが発送します」「この商品は、〇〇が販売、発送します」という文言の場合はAmazon以外の業者が販売しているので店の情報などをしっかり確認して信頼できるかどうかを判断してから購入しましょう。

楽天市場やYahoo!ショッピングで購入する場合はレビューが多いお店や名前がよく知られているようなお店がおすすめです。個人的には大きめのスポーツ店なら問題ないかと思います。

確実に本物を手に入れたい場合は公式で購入すれば間違いありません。

着用していたプロ野球選手

 

View this post on Instagram

 

読売ジャイアンツさん(@yomiuri.giants)がシェアした投稿


リポスト:読売巨人軍公式Instagram

セントラル・リーグ

丸 佳浩、大瀬良 大地、山田 哲人、小川 泰弘、原 樹理、石川 雅規、藤浪 晋太郎、高山 俊、伊藤 隼太、岡本 和真、吉川 尚輝、松坂 大輔、宮﨑 敏郎 etc.

パシフィック・リーグ

柳田 悠岐、松田 宣浩、中村 晃、東浜 巨、明石 健志、山川 穂高、森 友哉、吉田 正尚、金子 千尋、角中 勝也、鈴木 大地 etc.

※選手がつけているネックレスのメーカーは契約や好み、付き合いなどによって変わるようなので現在つけているものと違う場合があります。

野球選手がつけているネックレスのはなし
最近はいろんな野球選手が健康系ネックレスをつけているようで、私の大好きなジャイアンツの選手の...

さいごに

ここまで健康ネックレスのパイオニア的存在であるファイテンの技術や商品について、簡単ではありますが説明させてもらいました。

現在、スポーツ選手を中心にたくさんの人が健康ネックレスを着用していますが、その流れをつくった代表的な企業はやはりファイテンです。

特にプロ野球界においてはかなりのシェアを占めているんじゃないでしょうか。

もちろんコマーシャル的な関係もあると思いますが、ファイテンは選手と契約を結ぶ条件として”その選手がファイテンの商品を必要として愛用していること“を重要視します。

さらに契約した選手にはただ商品を渡し広告塔になってもらうだけではなくしっかりとサポートする事を信念にしているようです。

「商品を渡すことだけではなく、選手の健康をサポートすること。選手の困っていることを解決してパフォーマンスアップに貢献すること。」それがファイテンの存在意義だと思っています。

ファイテンヒストリーより引用

 

スポーツ選手以外にも愛用者の多いファイテンのネックレス。

購入しやすい価格帯で商品のバリエーションも多いので、選ぶ楽しみがあります。

デザインは無難なものが多く、これといった特徴はありませんが日常生活でも合わせやすいため、私はわりと気に入っています。

公式で毎年恒例福袋の予約がスタート→【予約】2019年福袋-安心の中身が見えるファイテン福袋

今回紹介した商品

磁気ネックレス

アクアチタンX

メタックス


その他のメーカー

ColanTotte(コラントッテ)ネックレスの効果や種類など
画像参照: ColanTotte(コラントッテ)は2018年で設立から20年の健康器具販売...
COLANCOLAN(コランコラン)ネックレスの効果や種類など
画像参照: COLANCOLAN(コランコラン)は愛知県に本社を置くトーメイエージェンシー...
AXF(アクセフ)ネックレスの効果や種類など
AXF(アクセフ)は大阪や京都で「テイコク薬局」を運営している株式会社テイコク製薬社と岐阜県...

コメント