陽岱鋼の大活躍を予見した解説山本浩二さんのプロの目に驚き!

2019オープン戦vsロッテ5-8で負け

ホームの東京ドームに帰ってきてのロッテとの2連戦の1戦目。

3/29の開幕まで、残るオープン戦は対ロッテのみなので、これが開幕に向けた最終調整になりそうです。

この試合の先発はエースの菅野でしたが、小林を捕手に据えたところを見ると開幕戦も菅野&小林で行きそうですね。よかったよかった(´V`)♪

1(二)吉川尚
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(指)亀井
6(左)ゲレーロ
7(右)陽
8(三)田中俊
9(捕)小林
投手 菅野



実況の話では、菅野は開幕に向けての調整の意味合いが大きいとのこと。

この日は前回千賀と投げ合った時のような出来ではなく、ストレート、変化球ともに良くも悪くもない感じでした。

それでも要所要所は得意のスライダーで点にはつなげないピッチングをしていたんですが…

2回にロッテの新外国人バルガスに看板直撃のホームランを打たれてしまいました。

2019オープン戦vsロッテバルガスのホームラン

スライダーの曲がりは良かったけど、もう少しインコースに投げたかったのかな。(どんな相手が分からなかったのでとりあえずファールでストライクを取りたかったらしい)

バルガスは8回にも光夫から特大のホームランを打って、今日は2HR3打点。

打率は残せないタイプに見えますが、あの恵まれた体ならホームラン数は稼ぎそうな気がします。

菅野は3回でマウンドを降り3安打3奪三振1失点。

この試合が良い調整になったかどうかは分からないけど、開幕戦はしっかり頼みますよ大エース。

 

菅野の後を受けてマウンドに上がったのは、左膝のクリーニング手術を受けてから1軍初登板になる#19上原浩治。

2019オープン戦vsロッテ復帰の上原

なんとか開幕戦までに投げられる体に仕上げてきたところはさすが経験豊かなベテランですね。

久しぶりの1軍登板だったので、どれくらいやれるのかなと少し心配していましたが、点は取られたものの昨年くらいは投げられていたのでホッとしました。

この時点でここまで投げられているなら、もう少し下で調整すれば昨年以上は投げられそうな気がします!



少し心配なのはヤングマンの後に登板した光夫とクック…。

野球評論家の方々は口を揃えて「今年のジャイアンツは後ろさえしっかりしていれば優勝できる」と言いますが、そのために頑張ってもらわなければいけない2人が今日は厳しい内容でした。

光夫は変化球ばっかり投げてましたね…。

光夫の良さは威力のあるストレートなので、やっぱりそれでガンガン攻めていく姿を見たかったです。今日は球威がイマイチと判断して炭谷が変化球を多めに要求したのかもしれないけど。

 

クックはなかなか自分の投球に納得できていなかったのか、イライラが画面越しにも伝わってきました。

回が終わった後、炭谷を呼んで通訳のところに向かっていたので確認したいことがあったのかな。

慣れない土地での野球なので、なかなか難しいところはあるかと思いますが、捕手としっかりコミュニケーションを取って納得できる投球をしてもらいたいです。

投手四死
菅 野31133011
上 原1521011
ヤングマン31330211
吉川光1951044
クック1622111

 

8失点した投手陣はお世辞にも良かったとはいえませんが、野手陣は安打もそこそこ出て、3回裏の俊太と尚輝のダブルスチールなど楽しい場面も多々ありましたね。

そのなかでも別格に目立っていたのは陽岱鋼。

2019オープン戦vsロッテ陽さんホームラン1本目

4回と8回にそれぞれホームランを放ち、ジャイアンツの全得点を叩きだす大活躍!

好不調の波が激しい陽さんは、ホームランを打って活躍した次の日に三振を連発し残念な気持ちにさせてくれることも少なくありません。

なので、もう少し安定感のある選手の方がいいんじゃないのかな、なんて思ったりするんですが、こういう活躍を見ると首脳陣としては使わないわけにはいかないでしょうね。

いや、これだけ打ってくれるなら文句無しに使ってほしいですけども。

陽さんの大活躍には当然驚きましたが、私が今日それ以上に驚いたのはこの陽さんの活躍を予見していた解説の山本浩二さんです。

「バッティング練習でね、すごい打球打ってましたね陽岱鋼。最近ではないスイングといいますかね、タイミングが合ったバッティングしてましたね。(陽さんのスイングを見て)いつもでしたらもっとヘッドが下がって出るケースが多いんですけどね、今かなり調子いいと思いますよ」



結果が出た後にあーだこーだいう人はたくさんいるし、何を言ってもそれは結果論だから何とも思わないんですけど、山本さんは1打席目の陽さんを見た時からこう言い切ってたんです。

2019オープン戦vsロッテ陽さんのスイング

このスイングを見ただけで陽さんの絶好調を見抜いてたんですよ!すごくないですか?ただのファールですよこれ。

プロってやっぱり素人と全然違うんだな、すごいな、と再認識しました。素人には陽さんのバッティングの良し悪しがなかなか判断できない…

陽さんの活躍は素晴らしかったけど、今日は試合内容より山本浩二さんの”プロの目”に一番驚きました。

2019オープン戦vsロッテ陽さんと坂本

陽さんが打った時、いつも一番嬉しそうにしてる仲良しの坂本。

今年はこの仲良しコンビがいつも笑顔でいられるくらい打ちまくってほしいです。

 

さて、この試合は順位予想の記事でロッテ最下位を予想していた私にとって、なんとしても勝ってほしかった一戦だったのですが、まさかの敗戦…。

私が最下位に予想した理由
ロッテは内野は中村や鈴木、井上にレアードが加入して厚みが増し、外野は萩野、角中、加藤、岡、藤原と、いるにはいるけどちょっと小粒な印象を受けてしまいますね。

これは恥ずかしい…。小粒な印象のロッテさんに8点も取られて負けてしまいました(/д\)

偉そうなことを書いてすみませんでした!

2019プロ野球順位予想…有名野球評論家の予想も。
3/29のプロ野球開幕戦まであと1週間をきりました。 紙面ではオープン戦の試合内容や結果、それ...

 

3/24はいよいよオープン戦の最終戦ですね。

百戦錬磨の原監督のことなので、オープン戦でやるべきことは全てやって開幕に向けての準備は万端だと信じています。

最終戦はしっかり勝って開幕戦に向けて弾みをつけてもらいたいですね。

コメント