2019プロ野球順位予想…有名野球評論家の予想も。

3/29のプロ野球開幕戦まであと1週間をきりました。

紙面ではオープン戦の試合内容や結果、それぞれのチーム事情などに紛れて、ちらほらと野球評論家たちによる2019シーズンの順位予想記事も出始めました。

今回は有名野球評論家さんたちの順位予想と、僭越ながら私の予想も書いてみたいと思います!

評論家さんたちの順位の下には紙面に載っていたコメントを簡単にまとめています。詳しく見たい方はリンクも載せていますのでそちらで確認してください。



有名野球評論家の順位予想

赤星 憲広
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
1位予想の広島は誰かが抜ければ必ず誰かが出てくる。丸の穴は4年目の西川が埋める。巨人の不安点はセで唯一クローザーが決まっていない投手陣。投打のキーマンはクックと吉川尚輝。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
1位にソフトバンクを挙げはしたが絶対ではない。怪我人が出る怖さはある。2位の日ハムのキーマンはオープン戦で本塁打・打率2冠大田。近藤、中田、王がいる屈指の打線は要注目。
赤星憲広氏、今季セ・リーグの順位予想を披露
赤星憲広氏、今季パ・リーグの順位予想を披露

 

谷繁 元信
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
1位予想は巨人。野球は何があるかは分からないが優勝の理由は見ての通り(笑)丸は広島時代と変わらない、もしくは東京D補正でHRが増える可能性も。捕手争いも面白い。2位の広島は丸の穴は大きいが野間、西川ら2、3人でカバーし合えるのでは。鈴木誠也の進化にすさまじさを感じた。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
1位のソフトバンクはたとえケガ人が出ても選手層に厚みがある。サファテが戻り東浜も昨年のようではなく、甲斐野、杉山が加わった投手陣は厚みがあり、野手も昨年同様安定している。2位西武は浅村が抜けたが得点能力は落ちないと予想。カギを握るのは昨季ダメダメだったメヒア。不安材料は中継ぎ以降。
・谷繁元信が2019年セ・パ両リーグ順位をズバリ大予想!



大島 康徳
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
丸の穴は大きいが長野らでやり繰りすれば好守ともに埋まる可能性あり。ルーキーの小園にも注目。巨人は投手力がはっきりしない。投手陣次第では1位2位が逆に。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
今年のソフトバンクは先発が揃い、サファテも返ってきたので戦力的に去年より抜けている。西武もソフトバンクを脅かす可能性はあるが浅村の抜けた穴は広島の丸以上に大きい。
・大島康徳のセ・リーグ順位予想「カギを握るのは投手陣の整備」
・大島康徳のパ・リーグ順位予想「ソフトバンクがV筆頭候補、脅かすのは西武」

 

伊原 春樹
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
広島からヤクルトの4チームの優勝争い。丸は抜けたが長野や若手野手の力を考慮すると広島が一歩抜け出す。巨人は吉川尚輝と田口の出来がチームの行方を左右する。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
選手層を考えると1位はソフトバンク。ただし世代交代に失敗した場合は黄信号。西武は主力が流出したが投手陣は期待の若手が豊富で野手も外崎がセカンドを埋めれば昨年よりも機動力はアップ。
・伊原春樹のセ・リーグ順位予想「広島4連覇の可能性は十分にある」
・伊原春樹のパ・リーグ順位予想「ソフトバンクが優勝候補筆頭だが……」

 

斉藤 和巳
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
大型補強した戦力が上手く機能すれば間違いなく1位は巨人。投手陣も菅野を筆頭に揃い代打要員も豊富。広島は昨季イマイチだった投手陣がカギ。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
ソフトバンクには晃が離脱してもグラシアルがいる。世代交代の時期に入っているが、投打ともに選手層は厚くまだ大丈夫。楽天は則本アウトは痛いがそれでも2位に推す。ソフトバンクのOBなんで優勝して欲しい気持ちもあるが野球界全体を考えれば「それでは面白くないな」という思いもある(笑)
・斉藤和巳のセ・リーグ順位予想「戦力的に見て巨人優位」
・豊田清×斉藤和巳 2019順位予想対談【パ・リーグ編】

 

井端 弘和
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
広島は3連覇の間に勝ち方を覚えた。丸が抜けても長野や野間でカバー。昨季も個々の選手が調子を落としながらも最終的には勝ち抜いた。巨人は中継ぎ・抑えがしっかりすれば優勝争いも可能。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
日本ハムは1~9番まで切れ目のない打線で穴がない。
・井端氏のセ・パ順位予想



高木 豊
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
丸が加入し戦力は頭ひとつリード。得点パターンが確立され計算できる選手が坂本と丸の2人になったのも大きい。広島の2位予想は絶対的エースが見当たらないこと。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
西武には投手陣に楽しみな若手がおり、打線も強い。浅村、炭谷の穴はチームワークで。ソフトバンクは故障者が多いのが気になり、日本ハムは野手の層が薄い。
・高木豊のセ・リーグ順位予想「攻撃力アップの巨人が大本命」
高木豊氏「西武投手陣に楽しみな若手」…パ・リーグ順位予想

 

村田 真一
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
セ・リーグは力量が紙一重の戦国模様だが巨人と広島は2強。総合力では巨人が有利で、クックが35セーブを挙げれば安泰。広島は投手力がよく、DeNAは先発陣が強力。その他のチームには投打の一方に不安あり。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
実力上位のソフトバンクは故障者の完全復活で万全に。2~6位は混戦だが、日本ハムは元オリックス金子の加入が大きい。西武は菊地、浅村の穴をどう埋めるか。
村田真一氏「ヤクルト、阪神、中日は不安あり」…セ・リーグの順位を予想
村田真一氏「2~6位は混戦」…パ・リーグ順位予想

 

立浪 和義
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
戦力的には巨人が最有力で、原監督の復帰によりチームも引き締まっている印象。打線は12球団1だが、中継ぎ以降はやや不安。DeNAは今永を筆頭に強い球を持っている投手が多い。打撃陣もしっかり振れるバッターが多く優勝候補の一角。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
・立浪和義のセ・リーグ順位予想「実力接近で混戦必至」

 

デーブ大久保
セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
新戦力が揃い原監督が帰ってきた巨人には「勝って当たり前」の雰囲気が作られている。強いていえば抑えが不安。広島は巨人戦に強かった丸の穴が大きい。
パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
ソフトバンクは昨年の2位が恥ずかしいくらい。監督が選手たちのモチベーションを上げることだけを考えていれば1位はソフトバンクでないとおかしいレベル。楽天は浅村をはじめ大補強を行ったので優勝争いは宿命。
・デーブ大久保のセ・リーグ順位予想「巨人に作られた“勝って当たり前”の雰囲気」
・デーブ大久保のパ・リーグ順位予想「優勝はソフトバンクでないとおかしい」

ほとんどの評論家がセ・リーグは巨人or広島の優勝争い、パ・リーグはホークスの優勝を予想しているようですね。

デーブさんのパ・リーグ予想は工藤監督が奇策に走らずベンチで何もしなかったら普通に優勝できるということでしょうか。なかなか辛辣ですね(笑)

広島好きの谷繁さんが1位に巨人を挙げていたり、昨シーズンまで巨人のコーチだった井端さんが1位に広島を挙げている点は面白いなと思いました。



私の順位予想

セントラルリーグ
1位2位3位4位5位6位
De
巨人ファンということを考慮しなくても今年は巨人が1番。野手では丸の加入がやっぱり大きいし、準レギュラークラスの選手が成長したことで選手層も厚いと思います。皆が心配している中継ぎ以降の投手も去年よりははるかに改善されていると思う。まだ実力が不透明なクックやビヤヌエバが活躍すれば大差の優勝も十分可能でしょう!

2位に挙げるDeNAはフォーム探しの旅から帰ってきたエース今永をはじめとする左腕軍団に加え、上茶谷や大貫などの新戦力が加わり屈指の投手力を誇ります。野手ではロペスにやや衰えが見られるもののソト、筒香、宮﨑はあいかわらず強力で、楠本や佐野などの若手の成長も著しく、巨人との相性を考えても怖い相手です。

3位に挙げた広島はもちろん優勝候補ですが丸が抜けた穴よりも、むしろ精神的支柱だった新井さんが抜けた影響のほうが大きそう。それでもオープン戦を見る限りは投手陣が昨年よりも悪くなることはなさそうなので1位~3位までは混戦になりそうな気がします。

ヤクルトは打つ方は経験豊かなベテランと村上をはじめとする若手が頑張って結果を残せそうだけど、投げる方がどうなんでしょう…。オープン戦しか見てないけど期待されている原樹里が2年前みたいな感じに戻ってるのがちょっと気になりますね。

虎さんは西くんとガルシアが入って投手陣はなかなかのものですが、やっぱり打つ方が…。中日さんはその逆で投手陣が不安だらけなので申し訳ないけどこの順位になってしまいました。

パシフィックリーグ
1位2位3位4位5位6位
西
推しチームということもあり1位にはホークスを挙げました。オープン戦の序盤はかなり故障が多かったチームですが、晃ら少数を除いて少しずつ開幕に向けて合わせてきてますし、昨年よりはいいスタートがきれそう。内川さんやマッチらベテランの使い方でかなり勝敗が左右されそうなので工藤監督の采配にも注目したいです。

2位には多くの人がBクラスと断言しているオリックスを推します。金子や西くん、中島、小谷野らチームをこれまで支えていたベテランが抜け新しいチームに生まれ変わったオリックス。先発陣は山岡、山本、東明、アルバースや私が密かに注目している榊原(彼のストレートはすごくいいです)など若いけれど勢いのある投手が揃っているし、中継ぎもまずまずで抑えには増井がいる。野手陣はやや不安ですが、この前の侍ジャパンメキシコ戦で大爆発したメネセスや吉田正尚、マレーロあたりがしっかり打ち、若手の頓宮や西浦が西村監督の期待に応えればホークスにとっても脅威になるでしょう。ベテランが抜けて皆がハングリー精神を持って戦っているところも怖いですね。

3位は日本ハム。西川、王、中田、近藤、大田の並びは12球団でも屈指の攻撃力を誇りますし、最近1番を打っている淺間も昨年までの不安定さがかなりなくなり安定感が出てきています。使い方はなかなか難しいですが、ここに右手有鉤骨骨折の清宮が戻ってくれば選択肢も増えますね。投手陣には元オリックスの金子が加わりました。プレシーズンゲームのアスレチックス戦では4回9奪三振でメジャーリーガーたちを無失点に抑えまだまだやれるところを見せています。それでもやっぱり課題は投手陣になると思いますが名将栗山監督が上手くやりくりするでしょう。

4位以降、西武はやっぱり雄星と浅村が抜けたのが痛そうです。育成上手な球団なので若手は出てきてはいますが今年再び優勝するのは難しいんじゃないでしょうか。楽天は全治4か月の則本の穴が大きい…。ただ投手・野手ともに好調でオープン戦では上位につけているので、Aクラスに入る爆発力は持っていると思います。ロッテは内野は中村や鈴木、井上にレアードが加入して厚みが増し、外野は萩野、角中、加藤、岡、藤原と、いるにはいるけどちょっと小粒な印象を受けてしまいますね。

私の順位予想は以上です。今回はかなり真面目に考えてみました!

セ・リーグではDeNA、パ・リーグではオリックスが暴れそうな気がしています。

野球はかなり運の要素が強いスポーツなので、戦力が整っているからといって必ず勝てるわけではありませんが、最終的にはセ・リーグ優勝巨人、パ・リーグ優勝ホークスで、クライマックスシリーズも勝ち上がってもらって日本シリーズでの対戦を見られたら嬉しい!

いろいろ考えながら書いてみましたが、やっぱり順位予想はプロ野球の楽しみのひとつですね!

皆さんもぜひ順位を予想してみてください。

コメント