【2019オープン戦】ホークスvs巨人…贔屓チーム同士の3連戦は巨人が先勝!

巨人対ソフトバンク4-2

ホークスvsジャイアンツのオープン戦3連戦が始まりました!

セ・パ両リーグの推しチーム同士の戦いで、さらに勝敗をあまり気にしなくていいオープン戦なのでとっても気持ちが楽(笑)

いつもはメモを取りながらなんだけど、今日はゆっくり楽しみながら試合を見ることにしました。



 

1(二)吉川尚
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(三)ビヤヌエバ
6(右)陽
7(左)ゲレーロ
8(指)石川
9(捕)小林
投手 山口

打順は今日も2番坂本、3番丸。この並び、イチオシです(*´∀`*)

先発が山口ということもあり、代表戦から帰ってきた小林がスタメンマスクを被ることになりました。

 

ホークスのスタメンは…

1(二)牧原
2(遊)今宮
3(指)柳田
4(三)グラシアル
5(右)上林
6(中)福田
7(一)高田
8(捕)高谷
9(左)釜元
投手 大竹

ジャイアンツがほぼベストメンバーなのに対して、ホークスは内川さんとマッチ、デスパイネあたりがいないお試しメンバーといったところでしょうか。



 

ホークスの先発は大竹耕太郎。

昨季育成ドラフト4位で指名され、すぐに支配下登録。

先発と中継ぎでチームに貢献し、カープとの日本シリーズでも好投した期待の大型左腕です。

今日も特別良かったとはいえないまでも、相変わらずの出どころが見えにくいフォームからの多彩な変化球でジャイアンツ打線を4回1失点に抑えました。グラシアルがゲッツー取れてたら無失点かな。

開幕後3試合目での先発が濃厚なようですが、今季もやってくれそうな気がします!本来は武田翔太がそこにいるはずなんですがまた炎上を繰り返してるみたい…

 

一方、ジャイアンツの先発は菅野に次ぐ準エース格の山口俊。

ここ2試合は超脱力投法でなにやらお試し投球に終始していた印象でしたが、今日はちょっとやる気になってたのかな。

相変わらずゆったりしたフォームで投げ込んでたけどストレート系は140キロ中盤~150キロくらい出てましたね。

スライダー、ツーシーム、フォークと全ての球がある程度制球されていたし、安定感抜群でした。

ジャイアンツ山口スライダーバックドア

小林のフレーミングも相まって、フロントドアとバックドアを中心にした攻めがはまりまくり。

【2018年度】小林に対するDELTAのフレーミング&守備貢献評価
あけましておめでとうございます! 2019年が皆さんにとって素晴らしい年になりますよう...

山口は両サイドの際どいコースへの出し入れと落差の大きいフォークが武器なので、キャッチャーにはかなりの壁性能とフレーミング技術が求められると思います。私が菅野と山口は小林に任せて欲しいと思うのはこれが理由。

山口は順調に調整ができてるみたいなので開幕が凄く楽しみですね。

 

そして小林は今日、2度の2盗阻止&2出塁(ヒットと四球)と、好守で頑張りました。

個人的にはオープン戦で今一番アピールできているのは大城だと思いますが、負けないように頑張ってもらいたいです。

 

ホークス甲斐代打2ランホームラン

試合はジャイアンツが2点リードしていた6回に代打で出場した甲斐くんが高木から同点2ランホームラン!

これはもう、ね…

…甲斐くんは北九州市民球場でよく打ちますね(^-^)

今年もリストの強さを活かした逆方向へのホームランがたくさん見られればうれしいです。



ジャイアンツゲレーロ2ランホームラン

そして2対2で迎えた8回、勝負を決めたのはゲレーロでした。

ホークス期待のルーキー甲斐野のストレートを軽々とスタンドまで運ぶ決勝2ランホームラン!

勝負を決める決勝打を打てる選手は本当に頼もしい。

昨季決勝打をたくさん打ってくれたマギーの代わりができるくらいゲレーロやビヤヌエバには頑張ってもらいたいです。

 

さて、今日はホークス甲斐野の投球をじっくり見ることができましたが、150キロをゆうに超えるストレートに140キロ近いフォーク、スライダーと、ひとつひとつの球はすごく良かったですね!

今季はサファテ先生がどれくらいやれるか分からないし、岩嵜や加治屋の状態も不透明なので頼りにしています。

 

細かいところを挙げればまだまだたくさんあるけど、簡単な試合感想はこんな感じかな。

ホークスとジャイアンツとの試合は両チームの選手たちをいっぺんに見られて、表も裏も見どころ満載ですごく楽しいです(*^-^*)

明日は高橋優貴が投げるみたいなのでこれまたまた目が離せない試合になりそうです!

コメント