山口&小林バッテリーが試合をつくり、坂本が2試合連続の決勝打!

6月2日 対中日11回戦・東京ドーム 3-1で勝利

1(右)重信
2(遊)坂本
3(中)丸
4(左)岡本
5(一)大城
6(三)ビヤヌエバ
7(二)山本
8(捕)小林
9(投)山口
1(右)遠藤
2(遊)京田
3(中)大島
4(一)ビシエド
5(三)高橋
6(二)阿部
7(左)井領
8(捕)加藤
9(投)ロメロ

 

対中日3連戦勝ち越し!

そして久々の先発投手勝利!!

ホッとしました~!



山口は立ち上がりやや制球が乱れ気味だったけど、結局不安だったのは初回のみでしたね!。

制球が安定するようになると小林のリードにほぼ完璧に応える素晴らしい投球で、7回を4安打1失点(自責0)!

先制はされてしまったけど、ビヤヌエバのあのエラーはちょっとかわいそうというか仕方なかったかな。

素手かグラブかで迷ったことでファンブルしたのかと思いきや、よくよく見るとグラブで捕球しにいったものの、強い回転がかかっていて球が右手の方へ大きく変化したって感じでした。

山口もうわって顔してたけど、崩れずにすぐに切り替えられるのはさすがですね。

この日はストレートも勝負所では150キロを超えていたし、変化球のキレも良かった!

投げてみないと分からないというのが山口の山口たる所以ではありますが、今日のような投球を見せられると次の試合も期待してしまいます。当たりの山口が出ますように。

 

これで山口は5勝目。

先発に勝利がつくのは5月18日の中日戦以来、11試合ぶりだそうで。

これまでの先発陣の不甲斐なさが嘆かわしくはありますが、ひとまずは山口の勝利を喜びましょう。

菅野がいない今、頼りに出来るのは山口だけだ…!

小林は前日大事な場面で後逸するという痛恨のミスを犯してしまったけど、今日は変化の大きい山口のフォークを何度も体で止め、思い切った投球ができるようしっかり支えてくれていたと思います。

このブロッキング技術はやっぱり球界でもトップクラス。

捕手のバウンド処理は何よりも投手に安心感を与えますよね。

自分がフォークを主体とする投手なら打撃よりもまずブロッキング技術の高い捕手に受けてもらいたいし、スライダーが得意ならフレーミング技術の高い捕手に受けてもらいたいと考えると思うんですよ。

チームの勝ち負けはもちろん最重要だけど、球種・コースを狭められて思うように投げられず成績を落としてしまえば個人としての評価は低くなって、当然出場機会や年俸に反映されてしまいますから。

フォークが決め球で、左打者への際どいフロントドアやバックドアが生命線の山口が、しっかり止めてくれてストライクを増やしてくれる小林に受けてもらいたいのは当然かなと思います。

山口→高木→田原→中川の4投手をしっかりリードしたことも評価されるといいですね。小林が褒められることはなかなかないからなぁ…(;^ω^)

【2018年度】小林に対するDELTAのフレーミング&守備貢献評価
あけましておめでとうございます! 2019年が皆さんにとって素晴らしい年になりますよう...



攻撃面は今日も坂本様様。

2打席連続となる同点の18号ソロと逆転の19号ツーラン。この試合の総得点を全て一人で稼ぐ見事な仕事ぶりでした!

ロメロが降板後に「調子は良く自分のピッチングはできていたが坂本一人にやられてしまった」とコメントしていたけど、本当にその通りだなと…。

ロメロの速くて球威もある球を2発もスタンドに運ぶなんてすごすぎる。

去年18本だったのに今年すでに19本ですか…。

何本までいくんだろう。

くれぐれも怪我には気をつけて、ホームラン王獲ってほしいですね!

欲を言えば、坂本の後を打つ丸も3出塁しているのでもう少し点が入ってもいいと思うんですが…

今日も4タコ(1併殺)と沈黙状態の岡本さんが結果を出せず、6番以降はノーヒット…。

シーズン序盤は岡本さんがまずまず仕事をして、下位からの打順でも点が取れていたんですよね…。

やっぱりジャイアンツが優勝するには投手陣の整備と並行して岡本と下位打線が活躍することが不可欠なんだと痛感しました。

 

しかし重要なのはここから!

交流戦を制す者はペナントを制す!!ということで、いつもと違う対戦で何かいい変化が生まれることを期待しつつ、他のセ球団よりもひとつでも多く勝てるよう頑張ってもらいたいと思います。

 

交流戦の対戦順はイーグルス→マリーンズ→ファイターズ→バファローズでホークスは最後。

今ちょっと苦しんでるホークスだけど、戦えるのが今から楽しみです!

【久しぶりに先発投手に勝ち星がついたが】
(山口投手は)スターターとしては100点。最少失点で粘り強く投げていた。先発投手に勝ち星がつくのは理想的な展開。

【坂本選手が全打点をたたき出した】
レベルの高いところで戦っている。僕の領域ではないくらい高い領域。今年の特徴はグラウンドを広く距離も(長く)使えている。

【重信、陽の両選手が守備でいいプレーを見せた】
守りも大きかった。代わったところに打球が飛ぶといいますけどね。

【4日からは交流戦】
自分たちのスタイルを貫くこと。相手に合わせるのではなく自分たちの野球をやる。ただ、DHについては最善策を考える。

コメント

  1. トラウタニ より:

    こんにちは。
    久しぶりの連勝うれしいですな。
    山口は良く投げたし、小林も初回の京田へのウエスト以外は完璧でした。
    あれはベンチの指示ですかね。
    小林は純粋な捕手としては最高クラスの選手だと思いますがなんせ阿部の後なんでね、叩きやすいんですよ。
    あと男前だから同姓からの僻みが多い選手です。
    良かった時は評価して駄目なら叩くというのが本来のファンの姿なんですが変なバイアスがかかってるんでしょう。
    攻撃は相変わらずの坂本頼みですが、自分は4凡の岡本のスイングが改善している気がしました。
    交流戦の岡本に期待したいですね。

    • minami minami より:

      トラウタニさん、コメントありがとうございます。
      確かに初回のあの一球は謎でしたね。
      それ以外はよかっただけに、余計に目立つというか。
      まあ、阿部は偉大な選手ですが、誰であれ同じ存在にはなれませんから、
      叩きやすい風潮をはねのけて頑張ってもらうしかないですね!

      交流戦での岡本の復調には私も期待しています!

  2. kiyohara より:

    どすこい山口ナイスピッチング!
    坂本様々の2本のホームラン!

    いい感じで交流戦に入れそうです!

    交流戦を制したものがペナントを制します!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      菅野がいない今、山口がいてくれてホントに良かったと思いますね。

      そして、勝って交流戦を迎えられるのは気分もいい(^_^)
      パリーグはみんな強いので一筋縄ではいかないと思いますが、なんとか食らいついてほしいと思います!