・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【オープン戦対オリックス】菅野と山本のエース対決!両投手とも万全な状態で開幕へ

中盤に差し掛かったオープン戦。

パ・リーグチームの強さが目立つなか、セ・リーグで健闘しているのは阪神とジャイアンツです。

今年の阪神は投打ともにかなり強力…。

優勝争いはジャイアンツ、阪神、カープの三つ巴になりそうな気がしますね。

 

さて、ホークスとの2連戦を1敗1分けで終え、今日からはオリックスとの2連戦です。

注目はやっぱり背番号18を背負うエース同士の投げ合い。

ジャイアンツ菅野智之とオリックス山本由伸

菅野と山本由伸の投げ合い…なかなか見られるものじゃありません。

弱冠22歳ながら日本一の投手に推す声も多い山本。

菅野も柔と剛を兼ね備えた投球は健在で、投球術も併せて円熟味が増してきました。

実績や経験、1年間投げ切るタフさなど総合力ならまだまだ日本トップクラス。



まず山本。

150キロ中盤のストレートと最速150キロ台のカットボール、140キロ中盤のフォークに緩いカーブを自在に操りジャイアンツ打線を翻弄。まぁ打てない(笑)

8回3安打8奪三振1失点とほぼ完璧な内容でした。

ケガさえなければ二桁勝利と何かしらのタイトルは間違いないでしょう。本当にすごいピッチャーだ。

 

一方菅野はというと…

こちらもナイスピッチング!

初回からストレートを中心としつつもさまざまな変化球を満遍なくしっかりコースに投げられていました。

途中少し暴れるボールもありましたが、今日の試合はコントロールの良さが目立ちましたね。

ここ数年はコントロールより球威みたいな感じの投球になっていたので久しぶりにコントロールの良い菅野を見られて本当にうれしいです。

今季多投しているカーブはこの試合でも良いアクセントになっていました。

初回の吉田の打席でもバックドアの良いボールを投げていたし、どんな場面でもどのカウントからでも効果的に使っていたと思います。

今季から桑田さんがコーチに着任したことで「桑田カーブ」を投げ始めたという新聞記事をよく見ますが、菅野は以前からカーブを投げていました。

本人曰く「感覚的には持ち球の中で最も完成されていない球種」らしく、メインの武器になったことはほとんどないとのことですが、毎シーズン全投球の10%弱は投げていたと思います。

菅野が投げるカーブは遅いカーブと速いカーブの2種類。

今季よく投げているのはスライダーに近い投げ方でより強いタテ回転をかけた速いカーブの方じゃないかと思います。

ただ、ボールの軌道が以前より良い感じになっているように見えるのでそのあたりは桑田さんに教えてもらったのかもしれません。桑田さん曰くカーブは到達点と落下点のイメージが大事だとか。

カーブと一口に言ってもいろいろな投げ方があるんですね。奥が深い。

カーブ リリース 菅野 山本 岸

参考に菅野と山本と岸のカーブを並べてみました!

ストレートやカット、フォークという速い球に130キロ中盤のスライダー、そして120キロ程度のカーブ…これをしっかりコースに投げ分けている今季の菅野は打者にとってかなり厄介でしょうね。

それだけに初回のモヤの打撃にはビックリ。

ほとんど投げミスもなくキレキレのボールを投げ続けたのになかなか仕留めきれず最後は良い変化のカーブを完璧に捉えられました。あんな柔らかいバッティングしてたっけ…。

2、3打席も内容は悪くなかったし今年は打ちそうな気がしますね。

 

ともあれ、モヤには驚かされたものの菅野はこの試合では一塁側のプレートを踏むメリットをしっかり活かして両サイドをしっかり使えていたように見えました。

前回登板時には何かしらの課題を持って臨んだのか外一辺倒の投球だったのでプレート位置を変えたことがそれほど効果的には見えなかったけど今回は内角を抉るボールも多かったし打者もかなり打ち辛そうでした。ピンチでの太田への攻めとか完璧。

開幕まであと2週間なのでもう試す時期を終え本番モードで投げたのかもしれませんね。

この調子で開幕戦に向けてしっかり調整してもらいましょう。



試合は最終回に廣岡、北村、若林が頑張り逆転勝利!素晴らしい活躍でした。

でも一番目立っていたのは大城かな。

菅野と大城

捕手としても仕事もきっちりこなし打者としても強敵山本からホームランを含む2安打。

もともと右投手のアウトコース高めは得意とはいえ山本の150キロを超えるストレートをスタンドまで持っていくとは…

カーブにしっかり対応してのツーベースもお見事。

この調子が続けば正捕手に文句を言う人は少なくなるでしょう。

月刊ジャイアンツを読めば小林がめちゃくちゃ努力しているのが分かるのでツライけどプロは実力の世界だからしかたない…。

 

明日は戸郷と宮城の投げ合い。

オリックスは本当に良いピッチャーが揃ってるなぁ。

コメント

  1. 玉幸 より:

    朝の古田さん出演のニュースで取り上げていましたが、山本由伸の投球フォームもプロ野球ではタブーとされていたアーム投げで革新的と報じられていました。練習からヤリ投げを取り入れていて他にもこの練習を取り入れている選手もいるそうです。
    ウエートトレーニングや水泳も昔はタブーとされていましたから、故障に繋がらないという科学的な根拠が確立されれば新たな投球フォームのスタンダードになるかもしれませんね。

    • minamiminami より:

      玉幸さん、コメントありがとうございます。
      水泳もタブーだったんですか!何がどうダメなのか気になりますね。
      でも最近は型にはまらない色々なフォームの選手が増えてきましたね。
      槍投げはジャイアンツの戸根も練習に取り入れてたみたいです!

タイトルとURLをコピーしました