今日もカープに勝ちを献上…終盤のプチ反撃はもはや様式美

巨人対広島 10回戦 5/25

5月25日 対広島10回戦・東京ドーム 5-7で負け

1(三)田中俊
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(右)亀井
6(左)ゲレーロ
7(二)山本
8(捕)小林
9(投)メルセデス
1(中)野間
2(二)菊池涼
3(一)バティスタ
4(右)鈴木
5(左)西川
6(三)安部
7(捕)石原
8(遊)田中広
9(投)床田

 

カープに3シーズンぶりの11連勝を許し、3ゲーム差をつけられてしまいました…。

う~ん…ほんとに勝てない。

とにかく今回は前半に失点しすぎましたね。

4回で0-5は重かった…。



何度も書いているようにメルセデスは大城と組んだ時の方が安定してるんだから、大城と組ませてあげた方がのびのび投げられるんじゃないかなぁと…。

というか、小林と合わないのかな。

去年宇佐見と組んでた時も結構安定してたので。

もうこの文句は初めて小林がメルセデスと組んだ時(去年の8月17日)からずっと言ってる気がする。

前日のように足を使った攻撃で引っ掻き回されるのを嫌っての小林の起用なんだろうけど、やっぱり相性ってあると思うし、メルセデス小林バッテリーでいい結果になったことってあんまり無いですよね…。

打たれたことに関してはメルセデスは序盤からかなり逆球が目立っていて、珍しく制球が不安定だったので、小林の責任が大きいとは思わないですけどね!

ただ、小林はバティスタの振り逃げ時の送球ミスなど、プレーに精彩を欠いていたのは間違いない。岡本の守備もよくはなかったけど。

守備で評価を得て出番をもらっている選手なんだから、そこをしっかりこなさないといけませんね。

「月刊ジャイアンツ」のインタビューで語っていたように、現在は出番が限られている状況なので自分のプレーの良し悪しが評価しにくいというのは理解できるけど、それは炭谷も大城も同じ。

なんとか、今の状況にあった調整を考えて、出場機会をもらえた時はベストなプレーができるように頑張ってほしいです!

【月刊ジャイアンツ7月号】小林が表紙、特別付録は丸!
毎月購入している報知発行の『月刊ジャイアンツ』。 普段あまり知ることがない選手の試合以...

さて、こんな時こそ奮起して欲しい打撃陣は今回も攻めあぐね、ようやく火がついたのはジョンソンが疲れてきた8回。

8回まで100球も放らせてないというのも情けない話でありますが、ジョンソンはここ最近3試合連続無失点の絶好調でこの日も素晴らしい投球でした。

シーズン序盤のジョンソンはもういません。

前半にもうちょっと得点できていれば希望もあったんでしょうけどね~。

この日のジョンソンの出来ではそれもなかなか…。



それだけに、8回の山本の逆方向へのホームランは素晴らしい反撃の狼煙になったと思います。

山本、今季第1号おめでとう!

さらに中島の犠牲フライとキャプテンの芸術的な16号ホームランで2点差に。

坂本はもう誰がなんと言っても歴代No1ショートで間違いない!凄すぎる。

ここまで一方的にやられてて、またつまんない試合だな~と思ってたけど、この時は逆転もありそうな雰囲気ですごくワクワクしました。

 

しかしですよ…

そろそろ看過できないほどに岡本さんの状態がまずいことになってきましたね。

守備が不安定で、打つ方も…

打率.245、出塁率.300、長打率.413、OPS.713、得点圏.286、1塁UZR-5.6

あと1本!というところにいるのがいつも岡本なんだよなぁ。

簡単に打順をいじっても根本的な解決にはならない気がするし…

どうしたもんでしょうかね。



9回の代打攻勢もねぇ…

無意味な結果論にはなるけど、重信ではダメだったのか。

山本→重信でワンチャン夢が見られるかも!?と、期待してたんですが。

現場にしかわからない調子もあるのかな…。ちょっと残念です。

 

一方カープは3番バティスタが奏功して4番鈴木の怖さが際立ち、下位打線も田中兄の復調で全く油断ならなくなってきました。

ずっと絶不調だったお兄ちゃんですが、この日は守備も堅実で、四球を選び長打も打つなど嫌らしいバッティングも戻ってきてた感じです。

安定した先発・リリーフ陣に、切れ目ない打線が形成されて攻守ともに磐石になったカープ。

はたして原監督はこのカープ相手に勝つ方策を練ることができるんでしょうか…。

 

とりあえず3タテだけは嫌だなぁ…。

次こそ勝って一矢報いたい。

山口の調子が戻ってるといいんだけど…。

【よく追い上げたが…】
最後まで粘り強く、という点では良かった。前半に先発ピッチャーが失点をしたのがやっぱりちょっと重かった。

【最近は先発投手が試合をつくれていない】
まあまあ、そういう時もあるわけだから、そういう時でも打者陣がカバーするくらいの援護をしなければいけない。

【岡本が2試合無安打】
その辺は本人が一番ストレスもたまっているだろうし、打ちたい、打ちたい、という気持ちは人一倍強い。こういう時もあるし、まだどう対処していくかが重要だと思う。

【広島に引き分けを挟んで5連敗】
そうですね。まあ、現実の中でこれは受け止めるしかない。今は広島のいいところが目立っている。明日、しっかり戦っていくということ。

コメント

  1. kiyohara より:

    8回の猛攻はまだ希望が持てます。

    原は色々と試行錯誤を繰り返してますが、良いものは変えない方針をとってほしいです。

    今日こそ!勝って3タテを阻止!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      勝ってほしいですねぇ(>_<) ドームで3タテなんて目も当てられない! 良いものは良いままに、勝てるチームになってくれるといいですね!