巨人、リリーフ踏ん張れず3連敗…坂本の記録が途絶え高橋の4勝目も消滅

阪神対巨人 7回戦 5/14

5月14日 対阪神7回戦・東京ドーム 2-4で負け

1(左)重信
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(右)亀井
6(捕)大城
7(三)田中俊
8(二)山本
9(投)高橋
1(中)近本
2(二)糸原
3(右)糸井
4(三)大山
5(左)福留
6(捕)梅野
7(一)マルテ
8(遊)木浪
9(投)青柳

主力が欠場したヤクルト相手に連敗を喫し、チーム状態がいいとはいえないジャイアンツ。

この悪い流れを、目下6連勝中の阪神さんとの試合でなんとか変えたいところだったんですが…

ついに3連敗!!

しかも坂本の記録もストップ!!

対青柳の対戦成績は通算15打数2安打5三振、打率.133と苦手にしている投手なので、今日が鬼門だと思っていたのですが、本当に残念…。

ただの1敗とは言えない、辛い敗戦になってしまいました。



ここまで防御率2点台+3勝利と、新人王も十分狙える成績を残している高橋に4勝目…欲しかったですね。

この日も高橋は被安打3の失点1で頑張ってくれました。

制球面が課題の投手だけど、2試合続けて1四球は素晴らしい!

100球そこそこだったのでもう1イニング頑張ってほしいなとも思ったけど、1年目なので大事に使いたいという首脳陣の意向もあるんでしょうね。故障されたら大変だし!

いつも組んでいる炭谷ではなく、大城とのバッテリーだったのは阪神先発、右のサイドスローの青柳を意識しての起用だったのかな。

炭谷→大城はどうかな…と、初めはちょっと否定的に思ったけど、高橋と大城のバッテリーもなかなか良かったと思います!

被打率の低いスライダーを多めに使って、スクリューの使い方も上手だったんじゃないでしょうか。

 

問題はそれ以降、1点差で迎えた7回からですね…。

ここ数試合しっかり抑えていたリリーフ陣ですが、それはビハインドの状況か大差のリード時。

こういう僅差のリードでどれだけやれるかが一番重要だというのにやっぱり踏ん張れない!(>_<)

2番手のアダメスが招いたピンチを戸根が火消しできないどころかさらに延焼させてまさかの3失点。高橋の4勝目も消滅…。

戸根は今まで14試合無失点で抑えていたので、こういう日もあるさ!と言ってあげたいところだけど、それが言えるのは今回じゃないかな…!

嫌な感じで2連敗してるところだったし、どうにかリードを死守して欲しかったです…。

 

一方、田原はピンチでも全く表情に出ないし、大した精神力の持ち主ですね。

ここ最近、ブログで「すごい」とか「調子上がってきた?」とか上げたり推したりした選手がことごとく落ちたりミスしたりするので実に言いにくいんだけど(;^ω^)

球云々は置いといて性格はリリーフ向きなんだろうなと思います。



あとは、高橋→アダメスへの交代と共にキャッチャーも大城→小林へと変わったけど、川相さんも言っていたように途中からのキャッチャー交代は本当に難しいと思う。審判のストライクゾーンや打者の傾向とか…。

今後もそういう場面はあると思うので、交代で出場する捕手はベンチで今まで以上に試合を観察する必要があるでしょうね。

 

まあ得点が初回の2点だけではね…今のジャイアンツではなかなか逃げ切るのは簡単じゃないですね。

7回以降なんて阪神の勝ちパターンから1本もヒット打ててない…。

阪神のリリーフ陣、磐石でホント羨ましいなぁ…。

 

とにかくこのままでは首位が危うい…!

う~ん…2軍で調整中のビヤヌエバとゲレーロはいつ上がってこられるんだろう?最短でも中日戦?

そろそろ助っ人にその本分を果たしていただきたいところですね。

 

次は菅野だし、絶対に負けられない!と思うと試合見るのがちょっと苦痛なんですが…

なんとか穏やかな気持ちで観戦できるよう、援護を期待しています…。

コメント