・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

坂本4打点&丸サヨナラ弾!ベテラン大活躍で2戦連続のルーズベルト・ゲームを制す

GW中のヤクルト3連戦、2勝1敗でジャイアンツが勝ち越しましたー!

やったー!

5-7、8-7、8-7となんとも締まらない試合が続きましたが、点を取りあう乱打戦はやっぱり面白いしその上での勝利は格別です。投手陣の心痛はさておき。

ルーズベルト・ゲーム最高!

それでは今日の試合の感想を簡単に。

勝ち投手の権利は得るも調子はイマイチの山﨑伊織

まずは先発の山﨑伊織から。

2回に先制点を与え4回にも1点を失ったものの、最終的には6回を投げて7安打3奪三振2失点で勝ち投手の権利を持って降板。

前回登板が3回もたずの8失点降板だったので悪い流れを引きずらないためにも内容のある投球をしてほしかったのですが、なんともいえない感じでした。

フォーシームの球威は去年よりもパワーアップしているように見えるけど、コントロールや変化球のキレなんかは逆に落ちているような…。

以前と比べると体が開くのが早くなっていて上半身と腕の連動性もイマイチに見えます。球持ちも悪そう。

春季キャンプが始まった時に体がめちゃくちゃ大きくなっていたことに驚きましたが、鍛え上げた体を投球に活かしきれてない感じがしますね。

菅野も同じだけどとにかく体が重そう…。

もちろん出力自体は上がっているはずなのでこれから少しずつ良くなっていくと思います。でないと困る!

個人的には体全体がバネみたいな感じで腕もムチのようにしなっていた大学時代の時のような異次元の投球がまた見たい。

本人曰く去年の時点で大学時代の5~6割程度しか戻ってきていないとのことでしたが、「今の君はもう十分あの頃を超えているよ」と言いたくなるようなピッチングを早く見せてほしいものです。

 

伊織降板後のリリーフ陣は合計5失点の大崩壊…。

細かくは書きませんが、直江や田中千晴あたりが打たれ始めたのが本気でヤバイ。

結果だけじゃなく内容(指標的にも)もかなり酷い状態なので、阿波野コーチを中心になんとか立て直してもらいたいですね。



坂本本領発揮!ホームランを含む4打点の大活躍

最後は大活躍のベテラン二人、坂本と丸です。

坂本は2点を追う5回に同点のツーランホームランを放ち、

坂本同点ツーランホームラン ヤクルト戦5月4日

6回の打席でもツーアウト満塁からセンターに2点タイムリーで、合計4打点の大活躍!

坂本タイムリー ヤクルト戦5月4日

オープン戦から開幕しばらくは絶不調でしたが、いよいよ本領発揮ってやつですね。

打率はまだ.229で低いですが、OPSは.718とショートの選手なら十分すぎるレベルまで上がってきました。

坂本は通算WAR歴代トップ10に入るレジェンド級の選手。まだまだこんなところでは終わるはずがない!

私は、ある程度の打席を与えても状態が全く上がらないか優勝を諦めて完全に育成に切り替えるまでは坂本をスタメンで使ってほしい派だったので彼の復活が本当にうれしいです。

中山は凄く良い選手だと思うので個人的に応援してるし、門脇も守備に関してはショートを平均以上に守れる選手だとは思うけど、二人とも坂本とのスタメン争いにはまだ早いかな…。

巨人14年ぶりの長崎主催試合は完封負け…今季の守備の酷さと主力選手の起用方法
14年ぶりに長崎で開催されたジャイアンツ主催試合。舞台は長崎県営野球場(愛称:長崎ビッグNスタジアム...

同じ88年組のギータや秋山はまだまだ超一流レベルの成績を残しているので坂本も負けないように頑張ってほしいですね。



勲功第一は丸、プロ16年目通算253本で初のサヨナラホームラン

そして、この試合の勲功第一はやっぱり丸。

7-7で迎えた9回、ツーアウトランナー無しからサヨナラホームラン!

丸 サヨナラホームラン ヤクルト戦5月4日

打った瞬間って感じの完璧なホームランでしたね。

9回を無失点で抑えて回跨ぎの準備をしていた大勢もこのホームランに大歓喜。

丸のサヨナラホームランを喜ぶ大勢

丸はこれまで253本もホームランを打っていたので何度もサヨナラ弾を打っていると思っていましたが、意外にも今回が初のサヨナラホームランだったみたいですね。

丸も坂本同様開幕から調子が上がらず苦しい日々を過ごしていましたが、5月2日に8試合ぶりにスタメン復帰してからはスイングに力強さが戻り内容のあるバッティングを継続していました。

それが最高の結果につながって本当に良かった!

丸の成績は打率.197でOPSも6割以下と厳しい状況ですが、今の状態をキープできれば自ずと数字は上がっていくと思います。

丸も2年連続MVPを獲った球史に残るレジェンドですからね。まだまだチームの主力として頑張ってくれるはずです。

 

ただし、坂本とは違い丸の場合はオコエ、ブリンソン、秋広ら好調外野陣とのスタメン争いに勝たなければ試合に出られません。

外野陣は今のところチーム内で良い競争ができてますね。

ブリンソンはとんでもない守備・走塁ミスをするなど粗さが目立ちますが、チャンスに強い打撃や守備範囲の広さはやっぱり魅力的なので、短期ならともかく長期の戦いになるペナントシーズンではスタメンで使いたい。

秋広も一軍昇格後は攻守でチームトップクラスの貢献をしているし幸運の置物的な意味でも絶対に外せない存在になっています。

オコエは開幕直後は調子が良かったけど、最近は打撃の方がちょっと落ち気味なので現時点ではオコエがサブにまわる感じかな。

オコエは足や守りでも貢献できる選手なのでスタメンじゃなくても適度に出場機会を与えてモチベーションを維持してもらいたいですね。

秋広、ブリンソン、オコエに加えて丸も調子が上がってきたし、ウォーカーも打撃だけならチーム1といっても過言ではないくらい調子が良い。

二軍にも良い選手がいるし外野は本当に層が厚くなりましたね。DH有で戦える交流戦が待ち遠しい。


今日の勝ちでジャイアンツの成績は13勝15敗の4位に。

開幕後苦しい状況が続いてたけど直近10試合は打撃陣の頑張りもあって7勝3敗と良い感じです。

ただ、投手陣は先発・リリーフともにかなりヤバイ状況になってきたので何か手を打たないといけませんね…。

明日先発予定の横川が良いピッチングをしてくれるといいんですが。

 

あとは翔さんが右太もも裏の肉離れで離脱したのが痛い。

足を負傷した翔さん

肉離れはクセになるからしっかり時間をかけて治す必要があるので長引きそう…。

守備重視ならオコエ、攻撃重視ならウォーカーをレフトに置いて、秋広をファーストに守らせるんだろうけど、戦力ダウンは否めませんね。

翔さん、できるだけ早く帰ってきて…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました