・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

急遽先発起用の横川が崩れBIGBOSS率いる日ハムにカード負け越し…

5月29日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム 2-7で負け

またまた久しぶりの更新です。

交流戦の開幕カードはなんとか勝ち越すことができましたが、続くBIGBOSS新庄率いる日ハム戦は残念ながら負け越し…。

日ハムは若い選手たちが攻守ともに一生懸命プレーしていたのが印象的で、とてもパ・リーグ最下位とは思えないまとまりのあるチームでした。

粗削りな部分も多々あったけど、細かいところに「考える野球」的な意識の高さも感じました。



ただ、両チームの戦力差を考えると勝ち越してほしかった!

うちの選手たちの頑張りが足りなかったのかもしれないけど、首脳陣の選手起用も大きな敗因なのでは…。

まずは先発の横川。

高橋優貴がダメダメで先発ローテに左が欲しいのは理解できないこともない。二軍では12試合に登板して防御率2点台で指標もまずまずだったし。

けど、今日の横川の投球を見る限りまだまだ一軍で先発として登板できるレベルでは…。

ストレートの球速は140キロそこそこで目を見張るような変化球もなくコントロールも普通。

入団してから十回以上は横川の投球を見ているけど、今のところ武器といえるものや凄みのようなものは残念ながら感じられません。

左腕だし、ボールの出所が見えにくいとかタイミングが取り辛いフォームだとか、打者にしか分からないような良さはあると思うんですけどね。

でないと、リーグ戦で首位を独走しているわけでもない2位のチームが勝ち越しのかかった試合で大事な先発として送り出すことはないはず。

が、結果は4回途中5失点でノックアウト…。

野手が守備で助けてくれなかったり、代わって登板した畠が3連打を浴びて出したランナーをきれいに帰したりと不運もあったけど、少なくともQSを達成できそうなピッチングではありませんでした。

横川を擁護するとしたら、登板前日に急遽先発起用を告げられたという点。

もう少し早く伝えてあげることはできなかったのかな。選手が持っている力を十分発揮できるようにするのも首脳陣の仕事だと思います。

 

3番手の戸田は今日も良い投球をしてました。日曜日は毎回長いイニングを投げてる気がする…。

完璧とはいえないけど、3回2/3を1失点なら上出来!

戸田は勝ちパターンのリリーフではないのであまり目立たないけど、今のところ17イニングを投げて防御率は1.59とリリーフ陣のなかでは唯一の1点台だし指標もなかなか。(tRA2.24はリリーフでは大勢の1.79に次ぐチーム2位)

先発で投げさせる投手に困っているなら戸田や4番手で登板した平内など、一軍で敗戦処理やロングで頑張って結果を出している選手を使ってあげてもいいんじゃないかと思います。

対右がちょっと不安だけど、勝っても負けても気合の入った気持ちの良い投球はしてくれるはず。



打撃陣は岡本さんのソロ(通算150号おめでとう!)とウォーカーの犠牲フライの2点しか取れませんでした。

日ハム先発の根本が良かったかといえばそうではないと思うので単純に選手たちの力不足ですかね。

打順に関しては難しい。

少し前まで丸→ウォーカー→ポランコの並びが機能してたので弄りたくはなかっただろうけど、じゃあ尚輝はどこに入れるんだとか、坂本が帰ってきたらどうなるんだとかになりますからね。

この選手は〇番じゃないと仕事ができないというのはないとは言えないけど、オカルトっぽい考え方は極力排除していきたいところ。

1番は出塁率が高い選手、3番はチームの最強打者など、選手の能力や適性に応じて打順を決めるのがやっぱりベスト。

2番ウォーカーの攻撃的な感じは嫌いじゃないしここのところ2番で十分結果も出してるけど、彼は四球を選ばず振っていくタイプのバッターなので、不調の岡本さんを助ける意味でも5番で起用しても面白いんじゃないかと思います。

 

さてさて、パの下位チーム相手に3勝3敗の五分。もうちょっと勝っておきたかったですね。

そして31日からはカープを7-0,11-1,8-0でぼこぼこにした強敵ホークスとの3連戦です。

栗原が十字靭帯断裂で今季絶望、ようやく調子が出てきた上林もアキレス腱断裂で今季絶望と主力クラスが相次いで離脱しどうなることかと思いましたが、くすぶっていた若手(もう中堅?)たちの活躍もあっていつの間にか首位まであと0.5差。

正直今のホークスは強い。

しかもジャイアンツはホークスにかなり苦手意識をもっているので難しい試合になると思います。

いつも楽しみにしているジャイアンツ対ホークスの試合。どちらが勝っても楽しめるには楽しめるんだけどできれば3タテだけは勘弁してください。

コメント

  1. 石川亮一 より:

    おっしゃる通りだと思います。結果論を承知で敢えて言わせてもらえば、戸田か平内のどちらかを先発させ、2人で6回3失点を目安に組み立てるというプランがベストだったのではないでしょうか。
    横川ですが、今どきストレートが140キロ台前半では、1軍の先発は無理でしょう。と言うか、現時点でのジャイアンツの先発陣にパワーピッチャーが少なすぎるのが不満です。まあ、これは首脳陣の基本的な野球観とフロントの編成の問題だと思いますが。
    現在の打順にも疑問があります。ウォーカーの2番はどういう根拠があるのか、さっぱり理解できません。吉川を1番に戻し、クリーンナップは、ウォーカー、岡本、ポランコ(or丸)か、あるいは丸、ウォーカー(DHの場合のみ)、岡本の組み合わせが現時点でのベストだと個人的には思います。奮起をうながす意味で、岡本の4番は不動とする意見がほとんどですが、2割5分にも満たない4番の打力に賭けるのはちょっと危険過ぎると言わざるを得ません。ヤクルト村上やDENA牧に比べると、残念ながら現時点では1段落ちると思います。

    • minamiminami より:

      石川亮一さん、コメントありがとうございます。
      原監督も桑田さんも四球を嫌うからパワーピッチャーはなかなかアピールが難しいでしょうね(-_-;)
      岡本は落ちてたけどようやく上がってきたでしょうか。
      好不調の波が荒いのでもう少し安定してくれると安心して見ていられるんですけどね~(^^;)
      打順は機能してるところもあるし難しいですよね。
      坂本が帰ってきたらこれもまた難しくなりそう。

  2. 玉幸 より:

    minamiさん、こんちは(^^)/
    カープファンは交流戦の開幕を楽しみに待っているのですがなかなか始まりません(現実逃避)
    _| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
    昨シーズンはコロナ離脱者が交流戦にかち合ってしまったことが交流戦大敗の原因だと思っていたのですが、いざ交流戦が始まってみるとやはりカープは交流戦を苦手としていると思わずにはいられません。
    ロッテ戦では采配次第では勝ち越せたのではないかという試合でしたが、ホークス戦ではとんでもない惨劇をみせられてしまいました。
    交流戦に入った途端、カープ自慢の先発陣がおかしくなってしまいました。特にコントロールが『どうしたの?』というくらい悪化して、良い球を打ち返されたら敵チームを褒めるしかありませんが、そもそもストライクゾーンで勝負できていないのでどうにもなりません。
    まだまだ交流戦も始まったばかりなので五割まで持ち直してもらいたいです。

    • minamiminami より:

      玉幸さん、コメントありがとうございます。
      投手の頑張りどころではありますが…カープは苦しい戦いが続いてますね(>_<) セリーグ間で戦っているときのカープの勢いを考えると交流戦の状態は信じがたいです。 しかしながら絶不調だった杉本を起こしてしまったのはうちです…ごめんなさい(◎_◎;)

  3. 九州の六等星 より:

    minamiさん。こんにちは。ジャイアンツは考え過ぎの過緊張で初戦を落としたと思います。2連敗すると流石に打順は変更されるとは思いますが、それでは遅いし、原監督の続投の今シーズンも希望が持てないですね。今、色々試してもらいたいです(´・ω・`)。ホークスは自信を持って戦っているようです。2戦目までは真剣、3戦目はお試しとかはしないチームなので、トラウマも結構あると思いますが、ベンチや選手は試合中はあまり感情的にならず、眼の前の戦いを冷静に戦ってもらいたいです。
    ここ数年、ワンサイドなので、巨人ファンからしつこい怒りや落胆、ホークスファンからは嘲りと交流戦はたいへん肩身が狭いです(*_*)ジャイアンツが再逆転するくらいの面白い試合を期待してます。頑張れジャイアンツ&ホークス

    • minamiminami より:

      九州の六等星さん、コメントありがとうございます。
      ホークス戦、1、2戦目は圧倒されたけど3戦目は菅野のおかげで勝ててよかったです(^^♪
      苦手意識を払拭して今後は僅差の好ゲームが見られたらいいですね。
      どちらもリーグ優勝してまた戦いたいです!

タイトルとURLをコピーしました