地力の差にミスも相次ぎ、カープとの首位攻防3連戦の初戦は大敗…

巨人対広島 9回戦 5/24

5月24日 対広島9回戦・東京ドーム 3-8で大敗

1(三)田中俊
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(右)亀井
6(左)ゲレーロ
7(二)山本
8(捕)炭谷
9(投)ヤングマン
1(中)野間
2(二)菊池涼
3(一)バティスタ
4(右)鈴木
5(左)西川
6(捕)曾澤
7(三)小窪
8(遊)田中広
9(投)床田

お疲れ様でした…。

なんとか食らいついていけるかと思ったんですが、終わってみれば3-8の5点差。

やっぱりカープは強かったですね。

ヤングマンは今回もドームで勝てず…。

またしても制球難から失点してしまいました。

あれはどうにかならないもんかな…(;´Д`A

2回の鈴木のホームランはもうちょっと慎重に入って欲しかったし、4回の対バティスタでボール3つから安易にストライクを取りにいったど真ん中のボールは打たれて当たり前のボール。

ストライクを取るのに苦労しはじめると途端に崩れちゃうんですよね…。

盗塁も簡単に決められてしまって…いいようにやられたという感じです。

これは捕手がどうこうではなく。

クイックがちょっと遅いですからねぇ…。

ヤングマンが投げるときはある程度走れるランナーなら高確率で決められてしまいます。



対するカープ先発の床田も、絶好調の時に比べればつけいる隙は十分あったと思うんですけどねー。

まあ、相手が隙を見せてくれていてもあれだけミスしてたら勝てないですね…。

 

印象的だったのは5回、炭谷の見事なホームランから代打石川がヒットで出塁して反撃ムードになってた時。

この時点ではまだ希望がありそうでした!

しかし次の俊太が送りバント。

ビハインドの状態での送りバントはどうだったんだろう…。

個人的には1アウトを与えて投手を楽にさせるより、ここは勢いそのままに攻めてほしかったなぁと思うんですが…。

原監督は私たちが考えるよりはるかにリリーフ陣を信用しているのかもしれない…。

 

そして問題は次の坂本の打席での石川痛恨の牽制死。

坂本→丸とつづく場面でなぜ無理をしちゃったんでしょうか…。

こういうイージーなミスはチームのムードを一気に悪くしてしまうので本当に反省していただかないと。

あれがアウトになってなかったら同点だったかもと思うと、せっかくの坂本のホームランも素直に喜べない!むしろ、ホームランだったからこそ余計に悔やまれる。

実にもったいないプレーでした…。

 

この日はバッテリーエラーも目立ってたし、とにかくミスばっかり。

2アウト3塁からの野間のセーフティスクイズも処理ミスだったし…。

追いつくどころかさらに突き放されて完全に流れを手放してしまいました。

6回からマウンドに上がった田原がカープの強力クリーンナップをしっかり抑える素晴らしい仕事をしてくれていただけに残念です。

特に鈴木との対決は、この打者と勝負しようとするならこれくらい厳しい攻めをしないと抑えられないというのを見せつけるような投球で見応えがありました。

戸根もそれに続いてしっかりアウトをとってもらいたかったですね。

 

その後、チャンスらしいチャンスは7回のみ。

重信のヒットと中島の頭部死球で1アウト1、2塁の形を作りましたが…あとが続かず。

危険な球に怒った中島が一岡に詰め寄って乱闘騒ぎになり、一岡は退場になったりして相手投手陣はバタついたはずなのに、そこに付けこむこともできず、あっさり3アウト。

いや~、あっけなかった!

中島も、なんとか流れを変えられたらと、パフォーマンス的な意味合いも込めての怒りだったんじゃないかと思うんですけどねー。

活かしてあげられず、残念でした。

 

それ以降はもう、カープさん好きにしてという感じ…。

バティスタ、西川にホームランを打たれ…見ているほうも集中力が切れてしまいました。

相次ぐミスと拙攻…まるで去年のジャイアンツ。

カープ戦になるとバタバタとミスが増えるのは何故なのか(;´д`)

現在のチーム状況どうこうというより、地力の差を感じてしまいますね。



カープはシーズン序盤の守備崩壊が見事に建て直されてるみたい。

ここが整ってきているのが今の好調の大きな要因の一つなんでしょうね。というより元の姿に戻ったというか。

攻撃でも、どの打者も何かやってきそうでホントに怖い。

とにかく早いカウントからどんどん振ってくるし、作戦なのか明確な意図をもって攻めている感じ。

鈴木なんてノーアウトランナーなしでも歩かせたほうがいいんじゃないかと思うくらい雰囲気があります。三冠王獲っちゃいそうな勢いだし。

 

はぁ…本拠地でも勝てないと、今季もホントにカープ戦には悩まされることになりそうですね。

しかしこのまま12連勝させてあげるわけにはいかないので!!

首位争いの直接対決ですし!

まだ残り2つ勝てば勝ち越しの可能性だってあるんだし!

めげずに行きましょう(T∩T)

 

【小刻みに点を奪われたが】
点数を取られる時はやっぱり原因がある。まあしかし、今日隙を見せたのは、我が軍の不徳のいたすところ。

【坂本が打った後の3、4番が快音なし】
向こうのクリーンアップには本塁打を4本打たれている。その点では、やや差が出たかなというのもある。

【石川の牽制死について】
一塁コーチャーの責任でもある。やっぱり隙を見せない野球をしないといけない。

【勝負強さが問われるが】
まだまだプレッシャーなんていう言葉は使うに値しない位置。そういうなかで、しっかりと教訓とするということ。

コメント

  1. kiyohara より:

    負け方が去年と一緒なんですよね〜。
    今回の一戦が大事だと解っていなかったのか…

    そう思える敗戦でした。
    うーん、情けない!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      3連戦の初戦、勝っておきたかったですね。
      今年こそは苦手を克服できると思ってたんですが…
      いつまでこんな感じなんでしょう(;´Д`A

  2. テンプルトン より:

    おはようございます❗
    カープ強いですね。打者たちのバッティング見てたらまだあげてきそうな気もします。
    中島は可哀想でした。
    Minamiさんの言う通り相手投手のコースを限定したり味方を鼓舞する意味もあっての演技だと思うけれど相手が元巨人のイッチなのと基本巨人選手はおとなしいから逆効果になってしまいました。
    ベテランなんでね、色々チームのためにやってるのは解る人には解るんで、選手たちも冷めたり呆れたりせず闘争心を燃やすスイッチにしてあげてほしかったです。
    巨人が良い選手揃いなのにカープに勝てないのはそういうがむしゃらに勝ちにいく姿勢が足りないからと僕は思いますね。

    • minami minami より:

      テンプルトンさん、コメントありがとうございます。
      カープはこれでまだ田中兄が打率1割台ですからね~。
      ここが上がってきたら切れ目のないもっと恐ろしい打線になりますね。
      中島は、とりあえず大事無くてよかったです。
      3連戦は必死に戦って、とにかく1つは勝ってもらわないと…