ジョンソン&石原の熟年バッテリーに脱帽!2試合連続の完封負け…

巨人対広島21回戦 8/27

8月27日 対広 島21回戦・東京ドーム 0-2で負け

1(右)陽
2(遊)坂本
3(中)丸
4(一)岡本
5(左)ゲレーロ
6(捕)大城
7(三)若林
8(二)山本
9(投)メルセデス
1(中)西川
2(二)菊池涼
3(右)鈴木
4(左)松山
5(三)メヒア
6(一)サンタナ
7(遊)三好
8(捕)石原
9(投)ジョンソン




2試合連続無得点でカープとの3連戦の大事な初戦を落としてしまいました…。

塁には出られるけど点につながらない!

何度も訪れたチャンスを1つもモノにできず10残塁は精神的にキツイものがありましたね。

 

2回のノーアウト1、2塁の場面で大城に送りバントを命じて点につながらなかったところ、そして4回同じ場面で今度は大城が併殺に倒れてしまったところなど、終始ちぐはぐな攻めが目立ちました。

2回の場面、大城は打撃を買われて6番に置かれているのだから普通に打たせればいいのにな~と思いましたが…

ジョンソンを攻略するためには早いうちに1点を取り、集中を乱させることも重要と言えば重要なのかな…。

ただ、【若林勝負→山本敬遠→メルセデス勝負】という流れがほぼ確定的だっただけに、得点圏2割ちょいでチャンスに強いとは言えない若林に多くを期待するのは… いや~、でもな~…う~ん…

まあこれも結果論。若林が打って点につながっていれば、ジョンソンがいつものように苛ついて試合を有利に進められた可能性もありますから。単純に送りバントが悪いとも言えません。

それらも含め、多くのピンチを迎えながら1点も与えなかったジョンソン&石原バッテリーを称賛したいですね。敵ながら素晴らしかった。

おそらくバッテリーの頭のなかには下位打線と丸は抑えられるという自信があったと思います。

逆に最も警戒していたのは、カープ戦にめっぽう強く(OPS1割超)、自身もホームランを打たれているゲレーロ。甘い球が一球もなかったですね。

甘いところに投げて打たれるくらいなら四球でもOK、最終的に丸か下位打線で打ち取ればいいという風に見えました。ジョンソンはそう思ってないかもしれないけど石原は確実にそんな感じだったと思う。

他球団が恐れる丸だけど、カープ戦、特に対ジョンソンは打てそうな気がしないですね…。

これは多分石原のリードが大きく影響していると思います。

この試合も1打席目はインコースの直球系のみで攻めて内を意識させ、2打席目は外2球、そして3打席目はイン・アウトをバランス良く(のけぞらせるようなインコースのツーシームが印象的だった)、最後の4打席目は丸の意識が内にあるのを見越して外角一辺倒。

一球たりとも甘い球はなかったけど、それ以上に打者の頭の中まで完全に見透かしたかのような配球には恐れ入りました。石原は心が読めるのか…。

この配球はうちの大城や小林はもちろん、経験豊富な炭谷でもなかなか難しいんじゃないかな…。

私は打てる捕手より点を与えない捕手のほうが好きだけど(もちろん打てるに越したことはない)石原は点を与えない捕手の筆頭だと思います。

イライラしがちな夫・ジョンソンを掌で転がす妻・石原。

熟年夫婦を思わせるバッテリーには今後も苦しめられそうですね。



与えた点はわずか2点。メルセデスもリリーフ陣もよく頑張ってくれましたけどね~。

何にしても無得点では勝てないです。

メルセデスは攻撃の絡みもあって5回64球で降板したけど笑顔も見せていましたし、次の登板日にはたくさん点をとってあげて勝利投手に!

 

…と、まあ、0-2のしょっぱい試合だったので感想はこのくらいで。

坂本が途中で交代したのが気になりますが、本人曰く「一応大事を取って。明日?動いてからですね」とのことなので動けないほど酷いというわけではないのかな?まだまだ可能性がある2点差で下がってるんだからそう軽くもないハズだけど…。

キャプテンの無事を祈りつつ…このカードのノルマはとりあえず1勝。

次戦は菅野が先発予定なのでここで1勝取っておきたいところ。

前回は微妙な出来だったので今回はナイスピッチングを期待しています!

【チャンスはあったが2試合連続無得点】
フォアボール、フォアボール、ホームランじゃあね・・・。リズムに乗り切れない。ツーアウトからカーンじゃあ、フォローのしようがない。

【メルセデスは打球を受けながら5回まで投げた】
ちょっと点の取られ方が淡泊。相手投手ということも考えてもう少し慎重にね、彼ならばそれぐらいの経験と技術も持ち合わせているので、そこは注文したいところですね。

【対広島は5年連続で負け越し】
まあ、力そのものはやはりまだ、今日はカープが上回っているというところでしょう。

コメント

  1. non より:

    今日も打てませんでしたね
    6番以降のバッターたちは遊ばれてるみたいに簡単にアウトになっててつまらなかったです
    ファームの北村くんは守備も悪くないしフォアボールも取れるから試して欲しいです

    • minami minami より:

      nonさん、コメントありがとうございます。
      この日はちょっと下位打線頼りなかったです…(;^ω^)
      実にもどかしい試合でした!
      北村も頑張ってるので、チャンスを与えてあげてほしいですね!

  2. 玉幸 より:

    8四死球を与えながらも0点に抑える。左腕ということもあってか、全盛期の川口和久を思い出してしまいました。(;^_^A
    ジャイアンツの優勝は動きそうもありませんが、カープが勝ち越しを決めたことで完全優勝を阻止するという、僅かながらの意地をみせることが出来たと思います。
    7回裏の坂本の打席で、体勢を崩しながらのファールに『腰がねじ切れそうなフルスイングして大丈夫なの』と感じました。
    途中交代の原因があの打席にあったかは定かではありませんが、明日からのパフォーマンスが気になりますね。無理して強行出場してCS欠場なんてことになったら目も当てられないですし。

    • minami minami より:

      玉幸さん、コメントありがとうございます。
      ジョンソンが熱くなってても石原は何食わぬ素振りで落ち着いてて、ほんと熟年バッテリー感すごいですよね。
      8四死球で1点も取れないウチも情けないんですが、それだけ荒れててもうまくまとめられちゃうので困ります(^▽^;)

      坂本は腰も悪いけど、ちょっと足を気にしてる様子もあったのでいろいろ心配です。
      少しでも完全休養できればいいんですけどね…カープ相手に坂本無しでは厳しいからそれも難しそう。
      とにかく軽傷であることを願うばかりです。

  3. kiyohara より:

    打てない…これに尽きます。
    広島の苦手意識は相変わらずです。

    1994のように追いつかれることもあります。
    とにかく勝ってくれ!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      マジック点灯!!って喜んだのに、勝てなくてマジック消滅なんて事態だけはやめてほしいですね(^▽^;)
      ここまできたらガッカリしたくない!
      スムーズにマジックが減っていってくれますように…!

  4. 勝負はここから より:

    まさか、カープのメヒアが打つとは。もう西武の本元と立場逆転です。

     ジョンソンが良すぎた。もう相手はマジできています。今日はそこを注意

     おかげさまで西武は勝てました。ニールしかいないのか、と言いたいですが
     今日は今日でまた別に

     それでは失礼

    • minami minami より:

      勝負はここからさん、コメントありがとうございます。
      西武の本元(^∀^)確かに私もメヒアと聞いたら西武のメヒアのほうが先に思い浮かびます(笑)
      今年で契約終わりですかね…?なんかすごいお高かった気が…。

      ジョンソンはいつも四球出してバタついてる風でもきっちり抑えてくるんですよねー。
      CSで当たるのホントに嫌です(^▽^;)