エース菅野帰還!復帰戦の注目点は投球姿勢と球種配分

巨人対ロッテ3回戦 6/9

6月9日 対ロッテ3回戦・東京ドーム 11-3で大勝利

1(左)亀井
2(遊)坂本
3(中)丸
4(三)岡本
5(一)大城
6(右)陽
7(二)若林
8(捕)炭谷
9(投)菅野
1(中)荻野
2(一)鈴木
3(右)清田
4(三)レアード
5(二)中村奨
6(左)菅野
7(遊)三木
8(捕)江村
9(投)石川

 

交流戦、ロッテとの3戦目は予告通りエース菅野の復帰戦になりました。

結果は11-3!

エースの復活を勝利で飾れてよかった!!

 

菅野ファンとしては、「ちゃんと腰はよくなってるのか」とか「もし休んでもだめだったとしたら今季どうなるんだろう」とか、もう試合前から気が気じゃなかったです。

しかも初球から逆球放ってていきなり冷や汗…。

1回だけで30球近く投げてたし、テンポも悪くイメージ通り投げれていないようだったので、これは5回まで投げれたら万々歳だなと思ってました。

だけど2回から走者なしでもセットポジションで投げるようになって制球が安定しましたね。

ちょっと安心しました。

まあそれでも本来の菅野の姿からは程遠いんですけども…(;^ω^)



菅野が投球動作(ワインドアップポジション)で一番大切にしているのは左足を高く上げて立つ姿勢。

調子が良い時はこの姿勢でピタっと静止しているように見えるくらい安定しています。

だけど今季はそれがややぐらついてホーム方向に突っ込んでいる気が…。

この部分が安定していないから体が突っ込んでリリースのタイミングよりも右腕が遅れ、抜けるボールや引っ掛かるボールが増えているんじゃないかなぁ…なんて思っています。

不調の原因はやっぱり肩や肘よりも腰や下半身、土台となる部分の問題なのかも…。

腰の痛みが引いたらその部分も連動してもっと安定してくるのかな。

 

ちなみにこの日の球種配分は、フォーシーム多め(34球 34.7%:昨季平均32.9%)、カットボール多め(18球 18.4%:昨季平均14.5%)、スライダー少なめ(14球 14.3%:昨季平均23.6%)、カーブ多め(14球 14.3%:昨季平均7.8%)といった感じ。(試合を見ながらカウントしてたのでもしかしたら間違ってるかも)

菅野はドロップとスライダーに近い速めのカーブという2種類のカーブを操りますが、今日は速めのカーブを多く投げていました。

今季、この試合までで被本塁打の多かったスライダー(5本)や、ツーシームワンシームといったシュート系(5本)を少なめにしたみたいですね。

スライダーが例年のように使えないのはかなりきついと思うけど、現状打ち込まれている代表的な球種なので仕方ない…。今日も鈴木大地に打たれたのはスライダーだったし。

 

配球にかなり違和感というか、いつもと違う感じを受けたのは、捕手が小林ではなく炭谷だったからかな。

炭谷は1回の大ピンチを切り抜けてからも菅野をよくリードしたと思います。

原監督曰く、「リードは小林よりも炭谷の方が一枚半上手」だそう。

それならたまには「肩と送球、壁性能は他の捕手よりも小林のほうが二枚くらい上手」と言って欲しい気もしますが…?まあそれはおいといて、とにかく小林は炭谷の良いところを吸収して次に菅野と組む時の糧にしてほしいですね。

 

そして炭谷の好リードもあり、菅野は6回を投げ3安打4四死球7奪三振2失点。

まだまだ本調子じゃないし、エースとしては物足りない内容だったけど、まずは復帰戦でしっかりQSできてホッとしました。

改めて…お帰り菅野!!

無理だけはしないように、早く本来の調子に戻れるよう祈ってます。

さてさて、打つ方はみんな満遍なく打って活躍したので誰を挙げればいいか悩みますが…

まずは今日のヒーローにも選ばれた大城。

この試合、2本のツーベースを含む3安打猛打賞!

捕手の時はあんまり打てないっていうのは、それだけ負担の大きいポジションってことなんでしょうね。

ファーストの時は高確率で良い打撃を見せてくれてチームの勝利に貢献しているので、あまりポジションを動かさず打撃に専念させてあげてほしいなぁ。

そうすればファースト守備ももっと安定するし打撃もさらに向上していきそう。



あとはロッテの追い上げムードを断ち切った8回の攻め。

下位打線でチャンスをつくり、亀井さん&丸のタイムリーと代打阿部のスリーランホームランで一挙5得点。

これで相手に流れを渡すことなく中川を休ませることもできました。

できればもう少し早く引き離して肩もつくらせないようにしてくれればよかったけど…多くを望みすぎてはいけない(-`ω´-)

 

この日は菅野に勝ちもついたし、阿部のホームランは新記録達成。(歴代最多229人の投手からの本塁打)

打線は11点も取って、ロッテに勝ちこすことができたんだから御の字です。

 

この勢いでメラドに乗り込んで、次の西武戦もしっかり勝ちこしましょう!

西武打線怖すぎるけど、去年も勝ちこしてるから大丈夫!

強気にいきましょう!

【菅野投手が復帰戦に勝利】
しっかり投げられたし勝ち星もついた。100球を目途に代えるつもりだった。価値ある内容。

【打線もつながった】
出足の石川投手を見たときは(3者連続三振)驚きましたが、バッターが良かったということなんでしょう。久しぶりにいい形でつながった。

【若林選手が本塁打に盗塁と大活躍】
ボール球を振らないしパンチ力がある。これをスタートラインにしてさらに上に駆け上がってほしい。

【菅野選手不在の間、苦しいやりくりだったと思うが】
いや、苦しくはない。こういう時もあるし、それが早めに来たのはチームにとって決してマイナスにはならない。

コメント

  1. kiyohara より:

    菅野はベストのピッチングじゃなかったけど、なんとか試合を作ったと思います!お帰り菅野!

    8回のビッグイニングのきっかけを作ったのは若林の二盗三盗だと思います。

    さあ交流戦の覇者を目指しましょう!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      若林、大活躍でしたね!素晴らしい走塁センス。
      菅野の復帰試合が勝利で飾れてホントに良かったです(*’v`d)
      交流戦は今のところいい感じで勝ち越せてるので、最後までこの調子で突っ走ってほしい!

  2. 東海大OB(原と動機 より:

    minamiさん、お疲れ様です。
    菅野戻ってきましたね。単純に嬉しいです。野手の皆も菅野の復帰を応援してくれるかのように、よく打ちました。今後も、菅野は完投はしばらくさせないように、原監督も使い方を考えていることと思います。NBLの宝、菅野投手をつぶすことなく、長く選手生活を送れるように応援しましょう。

    • minami minami より:

      東海大OB(原と同期)さん、コメントありがとうございます。
      菅野の復帰、嬉しいですねー!
      エースを助けようと野手陣が頑張ってくれたのもちょっと感動的でした。
      これまでの無援護がウソのよう(^∀^)
      巷ではいきなり完投を望む声もちらほらあってビックリしましたが、できれば今はゆっくり無理なく頑張ってほしいですね。

  3. トラウタニ より:

    こんにちは。
    とりあえずは無事帰ってきてくれて勝利もついてよかったです。
    今季は菅野登板日の援護が凄いですね。負け運とはなんだったのか。。
    まだまだ本調子ではないけれどとりあえずエースの復帰はチームにいい影響をもたらすでしょう。

    • minami minami より:

      トラウタニさん、コメントありがとうございます。
      初回の様子を見たら炎上するんじゃないかとほんとにヒヤヒヤしましたが、勝ててホッとしました。
      確かに今季の援護はこれまでと違いますね!脱・負け運!
      まあ、中5とかもあったし、今までよりもローテが変則的で相手のエース格とあんまり当たってないのもあるかもしれないけど…
      今後もエースをたくさん援護して楽に投げさせてあげてほしいですね!