・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

巨人二戦連続強者の試合運び!奇策で流れを掴み大量得点で試合を決める

4月22日 対中日4回戦・バンテリン 7-2で勝利

カープを3タテし、中日3連戦の初戦も7-2の大勝。

リーグ上位のチームを相手にこの強さ。絶好調ですね!

昨日のカープ戦は点を取られたらその裏に即逆転し中押しも決めての快勝、そして今日は奇策で流れを掴み中盤に大量点を奪って大差の逃げ切り、と強いチームの戦い方ができています。

 

好調の中日は2試合連続完投中の柳が先発。

菅野の初回の投球があまり良くなかったので厳しい戦いになりそうだと思ったのですが、まさかこんなに点差をつけて勝てるとは…。

柳が本調子じゃなかったことに加えて、4回のダブルスチールで中日の頭脳である木下をわずかでも動揺させられたのも大きかったと思います。

一三塁のチャンスをつくりながらも2死で7番打者、しかも柳という良いピッチャーが相手。いかにも動いてきそうな状況でした。

元木コーチ曰く、丸が自分で判断してディレードスチールしたとのこと。さすが丸。

チームが好調で貯金もあって選手個人も良い感じで成績を残せてる。そういう良い意味での余裕が大胆な作戦を成功させてたのかもしれません。

余裕というのは大事ですね。



あとは6回の打者一巡の猛攻で4点を奪い柳をノックアウト!

リーグを代表する右腕を2試合連続で攻略できたのは今後を考えても大きい。苦手意識は完全に払拭できたかな?

その後は菅野→鍬原→今村とつないでゲームセット。

菅野は2回以降は良い感じに投げられていたけど、また中盤くらいから球が浮き始め7回111球でお役御免。

これで菅野は今季3勝目(2敗)。

相手を圧倒するような投球ではなかったけど丁寧なピッチングでHQS、お疲れ様でした。

 

大勝のこの試合で残念だったのは鍬原の今季初失点と大城のケガくらい。

まぁ、鍬原は球自体は相変わらず強かったので次回はしっかり抑えてくれるはず。

3回にカメラと激突して左肘付近をケガした大城はちょっと心配。病院で負傷箇所を縫ったみたいですね。

縫うって相当大きな傷だったんじゃ…。

大城の存在は投手陣が好調な要因のひとつなので大したことがなければいいですが…。

 

とりあえず中日との首位攻防戦に勝利し、ガッチリ首位固めに成功!

尚輝と坂本の1、2番は攻守でチート級だし、ポランコとウォーカーの助っ人コンビも勝利に貢献する機会が増え、ポイントゲッターの岡本さんと丸はホームランと打点でトップ争い。

岡本さんはホームランと打点稼ぎの優秀さ(得点圏打率.417)はそのままに、打率もある程度残せて歩けるようにもなってきましたね。

ジャイアンツ打線全体が好調だからこその相乗効果もあるだろうけど、本当に頼りになります。



あとは数少ない弱点だったファーストも香月が加わったことで解決しそう。彼はボールをしっかり見れるところが相変わらず素晴らしいし足も意外と速いのが好印象です。

投手陣も先発・リリーフともに安定し今のところ大崩れする気配は感じられません。

どうしよう穴がない。強すぎる!

去年のシーズンが終わる頃は、これはしばらく苦しい年が続きそう…と思っていたのにドラフトと補強を活用して短時間で勝てるチームに仕上げてきましたね。

へぇ~、スカウトさんありがとうございます

長い間原監督を悩ませていた1番問題も打率.352・出塁率.451と絶好調の尚輝が解決し、もうひとつの課題だった5番問題もポランコが3番でそれなりの数字を残してくれたことで丸を置くことができるようになりました。

ポランコやウォーカーは日本の野球にできるだけ早く適応できるように、打てない時期があったり守備に難があっても多くの出場機会を与えたのが効いてきた感じ。

ウォーカーは年俸30万ドルらしいけど、ウォーカーのおかげで勝った試合がすでに2試合はあるのでシーズンを通せばバツグンの費用対効果になりそうですね。

 

貯金10で2位のカープに3ゲーム差。

今の調子だと主力の長期離脱などのアクシデントがなければ順調に勝ち星を増やしていき独走状態になる可能性も十分にあります。

ですが、そこは球界全体の盛り上がりを考える原監督。

あまり勝ちすぎると遊び始めるかもしれないので油断はできませんね(笑)

とりあえず、次戦は好投がなかなか勝利に結びつかないシューメーカーが初勝利を挙げるところが見たいところです。

コメント

  1. 恥ずかしながら巨人ファン より:

    ようやくストレスフリーな試合が見れるようになってきた⁉鍬原が満塁にした場面は少し危なっかしかったけど、よく抑えてくれました。攻撃面ではようやくチャンスを物にできる機会も増えてきて、ウオーカーもポランコも打てる雰囲気が出てきました。残念ながら中田は二軍落ちして早期の復活は無くなりましたが、香月が中田を凌駕する打撃を見せてくれてます(まだ2試合だけですが)。去年の経験が生きたのか、打席でドッシリ構えてる雰囲気がある。ここはレギュラーになる人生最大のチャンスをつかんでほしい。

    • minamiminami より:

      恥ずかしながら巨人ファンさん、コメントありがとうございます。
      ウォーカー守備はヤバいけど打つほうはめちゃくちゃ頑張ってくれてますね!
      ファーストは香月だけじゃなくナカジも打ってるから穴だと思ってたところが得点源になっててますます打線に隙が無くなってきました。

  2. 玉幸 より:

    minamiさん、こんちは(^^)/
    1勝するチャンスは十分にあったはずのジャイアンツ戦3連敗から気を取り直してのDeNA戦。
    勝利することがでにました。ヽ(´▽`*)ゝ
    それにしてもジャイアンツ強し(ノД`)
    ジャイアンツ打線が強力なのは分かりますが、ピッチャーが意識しすぎて呑まれているように見えるのは気のせいでしょうか。
    柳はカープ戦ではビッタビタのコントロールなのにジャイアンツ戦ではそこまでではない気が。
    カープも3連覇していたときは相手チームが勝手に自滅していた試合が多かったので、それだけジャイアンツというチームのプレッシャーが大きいのかもしれません。
    独走を阻止したいジャイアンツが中日に勝利したのでカープが2位に上がったのは複雑ですが、カープには他チームを気にする余裕はないので優勝ラインの勝率6割を目指すのみです。
    勝率6割で優勝できなければしょうがないです。

    • minamiminami より:

      玉幸さん、コメントありがとうございます。
      巨人打線は今年外国人が当たってて下位も点を取ってるので相手投手目線からすると気を休める所があまり無いかもしれないですね。
      まあ守備はかなり悪くなってるので大味な試合が多くなってる気はしますが(;´∀`)
      カープは幸運も味方に付けてる感じですよね。
      そういうのが1勝を争ってる時に大事になってきそうです。

タイトルとURLをコピーしました