・当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

急遽先発した澤村はまずまず 守備の綻びが負けにつながった試合

7月25日 対ヤクルト7回戦・神宮

7月25日 対ヤクルト7回戦・神宮 5-6で負け

連休中のヤクルト3連戦。

1戦目は5点差を追いつきなんとか引き分けに持ち込みました。

今村が早々に崩れて5失点を喫し降板したときには完全に諦め気分でしたが、打撃の神髄を掴んだ気配すら見せる大城のツーランホームランをきっかけに丸と尚輝のホームランで同点に。

スコアボードに0を並べ続けたリリーフ陣の頑張りに応えて逆転してほしかったけどあと一本が出ませんでしたね。

 

そしてカード勝ち越しのためには絶対に勝たなければいけない2戦目。

先発は前回好投したサンチェス…のはずでしたが、試合前の練習で右肩違和感を訴え急遽登板を回避…。

サンチェスの容態について原監督は「何日間で治るというか、投げられるという環境ではないだろうね」と試合後に説明しています。右肩違和感はやばそう…

サンチェスの代わりに先発のマウンドを託されたのは澤村。

今回は先発ということでストレートとスプリットの2球種だけで抑えるのは難しいと判断し、スライダーもそこそこ混ぜた球種配分でしたね。

ストレートの球速は150キロ程度とリリーフ時よりも5キロくらい遅かったですが、制球もある程度安定していたし、ストレートの回転はよく伸びがあって、スプリットもいつもより落差があったように見えました。これにカーブを加えて緩急をつければ昔の澤村スタイル。

リリーフのときでも今回のように8~9割くらいの力で投げたほうがいいのでは…。

初回に山田に二塁打を打たれ、青木にツーランホームランを打たれてしまいましたが、それ以外は悪くなかったですよね。

今回の投球で何かを掴んでくれればいいのですが。



それにしても青木の抑え方が分からない…。

イチローの次に良いバッターというのは重々承知しているのですが、さすがに38歳になれば動体視力や筋力といった身体能力が落ちてきそうなものですけどまだ生涯打率を上げ続けてますからね。

原監督も「マークしてるけど、青木一人にやられてるね」と話してました。

この試合も先制ホームランにサヨナラの起点になった二塁打、そして四球3個…。

次の村上をなんとか抑えられたから競った試合になったけど、村上がいつも通りの内容なら大差をつけられていたかもしれません。

こんな伝説級のバッターの現役時代を身近で見られるヤクルトの若手選手たちは幸せでしょうね。村上が異常な成長を遂げている理由のひとつかも。

 

澤村は3回途中にピンチをつくって降板しましたが、その後は大江がなんとか凌いでくれました。

しかし、回を跨いだ5回に山田と青木に連続四球を出し、山崎に2点タイムリーを打たれてしまいます…。

亀井さん後逸

亀井さん…?

この後逸は大きかった…。弘法にも筆の誤りというやつですかね。

今季は多少のミスはあっても全体的にかなり守備が堅かったジャイアンツ。

それがチーム防御率にも表れていると思うのですが、この試合(ここ数試合?)はミスが目立ちましたね。

もちろんウィーラーや石川のナイスプレーもありましたが、失点につながるミスが痛かった。

雨や高気温高湿度よる厳しいコンディション(皆顔が真っ赤…)などがミスを誘発したのかもしれません。

 

5回終了時点で3点差。

そこから丸の2本目のホームランやウィーラー、尚輝のホームランで1回に1点ずつ返し(なぜ全てソロなのか…)、4-5の1点差で迎えた最終回。

先頭の石川がいつも通り積極的に初球を狙ってセンター前にポテンヒット。

すかさず代走増田で機動力を上げ、続くウィーラーのヒットで一気に三塁まで進塁。

ここでウィーラーに代走という選択肢もあったと思うのですが、ベンチの選手や10回のことを考えると難しいところですね。

1、3塁のチャンスに陽さんは最低限の仕事をきっちりやり遂げ同点に追いつきます。グッジョブ!

そして代打で出場した松原がプロ初打席で左中間に二塁打を放ち逆転の大チャンス。もしウィーラーに代走を出していればここで逆転になっていたかも。

しかしこの大チャンスを尚輝と丸が活かせず…。

その裏に中川を送り出すも最後は川端に打たれてゲームセット。

マウンドで中川に話しかける原監督

原監督がマウンドに駆け寄ったときにダメかもという予感がしました(笑)いつも打たれてるイメージがある。

それでもこれまで何度もピンチを凌いでくれて前の試合でも回を跨いで投げてくれた中川を責めることはできません。

惜しい試合でした。

それからこの試合、勝負どころでなぜ大城を使わないんだろうと思っていたら試合後の説明でコンディション不良が明らかになりました。

もし打撃絶好調の大城がいればこの試合勝てたかもしれなかっただけに残念でした。

ベンチには入っていたので大ごとではないと思いますが少し心配ですね。

ケガ人が増え先発が役目を果たせずミスも増えだし、やや悪い流れが続いています。

ここでチームを引っ張らなければいけないのはやっぱりキャプテンです!

丸の調子が上がってきたので坂本が打てば打線は以前のように機能するはず。

坂本の奮起を期待します。

コメント

  1. kiyohara より:

    今村は頑張ってたんですけど、中に球が集まってたかな。
    澤村の先発に関しては緊急だったので仕方ないかと…

    しかし、この頃は巨人のミスが多発してます。
    疲れが出る頃でしょうが、また気合いを入れ直してもらいたい。

    山田哲人の帰塁のリクエストは個人的にはアウトかと

    • minamiminami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      澤村の緊急先発は驚きましたね!
      でもペースを考えて投げる分、球の暴れも少なくて先発のほうがまだいいんじゃないかと思っちゃいました(;^ω^)
      サンチェスの状態は大丈夫なんでしょうか…
      肩ということなのでかなり心配ですね。
      早く戻ってきてくれるといいんですが…

      山田の帰塁は技ありな動きでしたね。
      私もアウトかな~と思ったんですが、解説の真中さん曰く「山田は左手で戻る訓練をしている」そうなのでうまくかわしてタッチしてたのかな。

  2. 恥ずかしながら巨人ファン より:

    ちょっとこのところケガ人が続出して心配です。サンチェスはこれから本領発揮と思ってただけに痛いです。大城もようやく覚醒したかと思っただけにガッカリです。パーラは……あまり影響は無いですかね?安打は出てるんだけど、なんか当てただけの安打が多く怖さがないし、チャンスに強いわけでもないし、ウイーラーはもちろん、今日の松原や重信のほうが強く振ってるだけ期待できそうな気がする(松原はプロ初安打してるだけに、難しいセンターフライ捕ってれば最高な1日になったはずなので可哀想でした)。
    今日は守備のミスがあったりして点を取られたけど、大江のピッチングは今後楽しみです。ストレートは良いので、スライダーの制球と速い遅いを投げ分けられたら(プラスチェンジアップとか)、山口のように中継ぎエースにだってなれるのではないでしょうか。年俸3億稼げるくらい頑張ってほしい。

    • minamiminami より:

      恥ずかしながら巨人ファンさん、コメントありがとうございます。
      急にケガ人が増え始めました。
      大城は大丈夫そうだったけどサンチェスは肩なのでちょっと時間かかるかもしれないですよね。
      ジャイアンツは選手層が厚いとはいえ、やっぱり主力に離脱されたら痛いです…。
      でも逆に考えたら松原や大江はこんな時こそチャンスなので存分にアピールしてほしいですね!
      大江はサイドに転向したのがちょっと寂しい気もしますが、あれだけ腕を下げても結構球速が出てるのはすごいですね。
      コントロールを磨いたらもっともっと活躍できそうなので期待してます!

タイトルとURLをコピーしました