【2019プレミア12】出場国や日程・放送予定、会場、メンバー等

wbscプレミア12
画像参照:http://www.japan-baseball.jp/

WBSCプレミア12は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する野球の代表戦による野球国際大会です。

大会創設発表時は「IBAFプレミア12」と表記されていましたが、国際野球連盟(IBAF)と国際ソフトボール連盟(ISF)との統合組織である世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の発足により「WBSCプレミア12」に表記変更されました。

開催の経緯はIBAFの運営費不足。

2008年の北京オリンピックを最後に野球競技が正式種目から外されたため、それまで得られていた国際オリンピック委員会(IOC)からの補助金を失う事になりました。

さらに、IBAF主催の国際大会の開催などでも出費が嵩み、組織の存続が危ぶまれるくらい深刻な状況に陥ります。

そこに助け舟を出したのがメジャーリーグベースボール(MLB)です。

MLBが出した援助の条件はMLBおよびMLB選手会主催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の公認と、出費の嵩むIBAF主催の国際大会(ワールドカップやインターコンチネンタルカップなど)の廃止と再編。

結果、IBAFはMLBの条件を飲み、WBCをIBAFの世界選手権として公認するとともに国際大会を再編し、IBAFプレミア12(現WBSCプレミア12)を創設しました。

初開催は2015年、その後は4年に1度開催予定であり、二回目の開催予定は2019年11月となっています。

それから、今回の2019プレミア12は2020年東京オリンピックの予選も兼ねるようです。(アメリカ大陸最上位とアジア・オセアニア最上位の2か国がオリンピックに出場)

東京オリンピック野球競技の詳細(参加国、会場など)と代表メンバー予想
夏季オリンピックの野球競技は1904年にアメリカのセントルイスオリンピックで初めて公開競技※...

 

出場国は12か国の招待制となっており、開催前年のWBSC世界野球ランキングの上位12の国・地域が招待されます

WBSC世界ランキングの算出にはトップチームの成績だけではなく、U-12、U-15、U-18、U-21の全ての世代の国際大会成績も加味されるため、プレミア12は国全体の野球力(野球国力)No.1決定戦とも呼ばれています。

参加選手はプロ主体ですが、トッププロリーグであるMLBは開催時期や収益、保険などの問題で前回大会(2015年)でもロースター(40人枠)は派遣しないと発表しており、MLBのスター選手が多数参加するWBCと比べると出場選手のレベルは低めと言えるかもしれません。



2015年大会の結果

前回2015年大会は優勝が韓国、準優勝がアメリカ、3位日本という結果でした。

2015年WBSCプレミア12最終成績
画像参照:世界野球WBSCプレミア12

大会ベストナイン

投手(先発)大谷翔平日本
投手(リリーフ)ダスティン・モルケンカナダ
捕手ウンベルト・ソーサメキシコ
一塁手中田翔日本
二塁手アダム・フレイザーアメリカ
三塁手ファン・ジェギュン韓国
遊撃手カールトン・ダールオランダ
外野手ランドルフ・オドゥーバーオランダ
外野手マット・マクブライドアメリカ
外野手キム・ヒョンス韓国
指名打者イ・デホ韓国

大会出場国

プレミア12出場国は開催前年のWBSC世界野球ランキングの上位12の国・地域となっています。

算出方法は過去4年間に出場した国際大会の成績。

国際大会での獲得ポイントは順位毎に設定されていますが、「大会の格」や「大会出場チームのランキング」によって変動します。(例.WBC優勝国は1位の基本獲得ポイント50P×6倍=300P、U-18ワールドカップ優勝国は1位の基本獲得ポイント50P×2倍=100P など)

2018年12月現在のWBSC世界野球ランキング(男子)は下記のようになっています。

このランキングが2018年度最終になりますので、2019プレミア12出場国はこの12か国となります。

WBSC世界野球ランキング(男子)※2018年12月現在
1位日本 日本5796
2位アメリカ アメリカ5565
3位韓国 韓国4987
4位台湾 台湾3569
5位キューバ キューバ3516
6位メキシコ メキシコ3393
7位オーストラリア オーストラリア2440
8位オランダ オランダ2421
9位ベネズエラ ベネズエラ2348
10位カナダ カナダ2186
11位プエルトリコ プエルトリコ2105
12位ドミニカ ドミニカ1920
世界野球ソフトボール連盟(WBSC)→Rankings-WBSC



大会形式

2015年大会形式

1次ラウンドは6チーム、2グループがラウンドロビン方式(総当たり)で対戦し上位4チームの計8チームががノックアウト方式の準々決勝に進出。

2015年WBSCプレミア12大会方式
画像参照:世界野球WBSCプレミア12

2019年大会形式

2019プレミア12組み合わせ

画像参照:WBSC

グループAのアメリカ、メキシコ、オランダ、ドミニカ共和国の4か国はメキシコのチャロス・デ・ハリスコ野球場で、グループBの日本、チャイニーズタイペイ、ベネズエラ、プエルトリコの4か国は台湾の台中インターコンチネンタルスタジアムで、グループCの韓国、キューバ、オーストラリア、カナダの4か国は韓国の高尺スカイドームでそれぞれ試合を行います。

プレミア12の公式開幕戦は11/2のグループA第一試合。

各グループの上位2チーム、計6チームが進出し、スーパーラウンドを千葉のZOZOマリンスタジアムと東京ドームにて行います。(決勝は東京ドームで)

大会レギュレーション

2015年大会レギュレーション

球数制限は無し
五輪憲章に基づいたルールとなり、参加資格は有効なパスポートの保持により決定
DH制:あり
コールド:あり(5回15点差以上、7回10点差以上)。準決勝、決勝では適用されない
延長ルール:10回以降、無死1・2塁からのタイブレーク
予選の順位確定方法
(1)全試合の勝敗
(2)勝敗で並んだ場合は、直接対決の結果
※以降、決定しない場合は大会レギュレーションに則る。

世界野球WBSCプレミア12より引用

2019年大会レギュレーション

確定次第記載予定

試合日程

1次ラウンドは韓国、台湾、メキシコで開催予定。(11/2~11/8)

2次ラウンドから舞台を日本に移し、11/11~11/16に決勝ラウンド、11/17に決勝戦と3位決定戦を行う予定です。

試合会場

1次ラウンド

  • メキシコ:チャロス・デ・ハリスコ野球場(グループA)
  • 台湾:台中インターコンチネンタルスタジアム(グループB)
  • 韓国:高尺スカイドーム(グループC)

2次ラウンド

11/11~11/16の決勝ラウンドは東京ドームとZOZOマリンスタジアムで、11/17に行われる決勝戦と3位決定戦は東京ドームで開催予定。

観戦チケット

確定次第記載予定

放送予定

確定次第記載予定



代表メンバー

確定次第記載予定

さいごに

2019年はプレミア12、2020年に東京オリンピック、そして2021年にはWBC(ワールドベースボールクラシック)と3年続けて大きな国際大会が開催されます。

プレミア12は1流MLB選手の参加が望めないので、同じくMLB選手の参加が困難といわれているオリンピックの前哨戦としてはもってこいの大会になるでしょう。

ランキング上位の国の中でも日本や韓国、キューバ、台湾あたりはほぼベストメンバーを組んでくるでしょうし、東京オリンピックの予選も兼ねているので面白い戦いになるとは思います。

前回の2015年大会では、最初のうちは国内の関心も少なかったですが、大会がすすむにつれて一気に盛り上がり、最終的にはWBCに負けないくらい注目を集めました。

2015プレミア12視聴率
試合対戦国視聴率
1次L韓国19.0%
1次Lメキシコ15.3%
1次Lドミニカ15.4%
1次Lアメリカ戦18.2%
1次Lベネズエラ20.0%
準々決勝プエルトリコ18.6%
準決勝韓国25.2%
3位決定戦メキシコ8.8%

2019プレミア12でも侍ジャパンが実力を発揮して勝ち進めば大きな関心を集める事は間違いないと思います。

どの選手が代表に選ばれるのか、そしてどのような戦いを私たちに見せてくれるのか、本当に楽しみですね。

コメント