2018年セ・パ交流戦を振り返ってみる…

青空と野球ボール

いつもとは違う、ちょっと特別な雰囲気を味わえる交流戦。

5/29から始まった戦いも、終わってみればあっという間でした。

 

我らが読売ジャイアンツは18戦 8勝10敗 勝率.444。

首位ヤクルトとのゲーム差は4.0という成績で2018年の交流戦を締めくくったわけですが…

 

せめて勝率5割は欲しかったなー (-ω-;)ウーン…

 

対戦を振り返ってみると…

vs日本ハム(ホーム)

3-5●

9-8○

2-4●

 

vsオリックス(ビジター)

3-1○

2-3●

2-3●

vs楽天(ホーム)

1-4●

3-1○

4-5●



vs西武(ホーム)

4-5●

8-5○

3-2○

vsソフトバンク(ビジター)

8-2○

2-4●

6-4○

vsロッテ(ビジター)

5-0○

0-1●

1-2●


まぁ、順位どおり、ぱっとしない感じになりました。

スイープされはしなかったものの、こちらもできず。

惜しいカードはたくさんあったし、とにかく一点差で落としてるゲームが多い…! (>_<)

勝つときは2点差以上がほとんどなのにねー。

う~ん、もったいない。

これらをちゃんと拾えてたら…と思わずにはいられない ε-(ーдー)ハァ

何より、一点差で負けるってのは単純に悔しいしストレスがたまります。

 

調子の悪い外国人選手たちの諦めどころとか、リクエストの使いどころとか、代打攻勢についてとか…

まぁ、交流戦中に限ったことじゃないんだけどね。



良かったことといえば…何だろう…

俊太のサード守備が見られたことと、鍬原が何とか先発ローテに定着できそうかなってことくらい??

 

和田恋はどうなるでしょうねぇ…

15日、一軍にあがるもその日のロッテ戦で代打一打席のみ。

そういえば若林もすぐ戻っちゃったし…。

そういう使われ方で結果を出すってのは非常に難しいでしょうなー (´⌒`;)

 

一点差でひとつのミスも許されないギリギリの試合じゃなく、若手にチャンスを与えられるような、ほんの少し余裕のあるゲーム展開に持ち込めたらいいのになと…思います。

いや、贅沢だけどね (;´∀`)

突然若手を接戦のチャンスシーンに放り出して、打てなかったら呆れ顔…みたいなのはやめてあげてー と思う…。

そこで結果出せたら一躍ヒーローだけどさ、どういう意図でその場面に若手起用ですか!?というのが多かった。

 

休みを挟んでリーグ戦が再開されても、そういうベンチの方針はさして変わらないんだろうなー…なんて。

交流戦の締めくくりがすっきりしなかっただけに考察もネガティブになってしまいますが…

 

唯一交流戦を制したことのあるセ球団というほんのちょっぴり誇らしかった肩書きも今回でなくなりましたしー… さみしいなー

2005年以降、7回も交流戦優勝してるホークスはバケモノですね。

まぁ、今回は昨シーズンのような悪夢の連敗がなかっただけでもよかったとするべきか…

 

はっ!! (;゚д゚)

できるだけ楽しくポジティブな応援記事を書きたいと思ってたブログなのに!

いけないいけない… (゚ー゚;Aアセアセ

 

休み明けのヤクルト戦。

 

あ~…勢いに乗ってるヤクルト戦か~ (´・д・`)ヤダナー

 

というネガティブな気持ちを吹き飛ばしてくれるような試合展開と采配を期待して…。

菅野にアツい応援を送りたいと思います。

 

いや~、長い休みだった。

とにかく休みが長くて退屈すぎる!

早く試合が見たい!

コメント