プロ野球セ・リーグ6球団が必勝祈願を行う神社

必勝祈願

野球は”運”の要素が勝敗に大きな影響を与えるスポーツのひとつです。

良い当たりの打球が野手の正面をつくこともあれば、完全に打ち取ったはずなのに外野の前にポトリと落ちてヒットになったり…。

 

野球の試合を見ていると「運が悪かった」とか「運が良かった」という場面が何度もあります。

実際にプレーしている当人たちも結構気にしているようでゲンを担いでいる選手は多いようですね。

個人だけではなく球団もシーズンが始まる前には毎年欠かさず縁のある神社・仏閣で必勝祈願を行っています。(キャンプ前か開幕戦の前が多い)

今回はセ・パ両リーグ12球団が必勝祈願を行った神社・仏閣をまとめてみたいと思います。



セントラル・リーグ

セントラルリーグ

読売ジャイアンツ

宮崎神宮

宮崎神宮(みやざきじんぐう)

宮崎県宮崎市神宮2丁目にある神社本庁の別表神社。

ジャイアンツが1960年から毎年必勝祈願を行う神社として有名です。

2018年は選手側の要望(球団スケジュールの都合)によって取りやめになりましたが、2019年は1/31に原監督ら首脳陣と春季キャンプ1軍メンバーが揃って参拝しました。

別表神社とは?

1946年の神社の国家管理廃止に伴って廃止された公的な社格制度(近代社格制度)に代わるものとして1948年に定められた「神社本庁が包括している一部の神社」のこと。
当初は旧官国幣社(祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける神社)のみだったが、1951年に「別表に掲げる神社選定に関する件」という通達を受け、由緒、施設状況、経済状況、活動状況、氏子崇敬者数および分布状況などの選定基準に達した神社が新たに加えられた。
2006年時点で353社。


青島神社

青島神社(あおしまじんじゃ)

宮崎県宮崎市青島2丁目にある神社本庁の別表神社。

宮崎神宮と同じくジャイアンツが春季キャンプの時に必勝祈願に訪れる神社として有名です。

2019年度は2/1に首脳陣と選手たちで参拝。

授与品の日の丸がついた「勝守」や「必勝守」が大人気のようですね。


沖宮

沖宮(おきのぐう)

沖縄県那覇市奥武山町にある神社で琉球八社の一つ。

ジャイアンツが沖縄キャンプでの練習に先立って毎年必勝祈願を行っている神社です。

2019年度は2/13に参拝。

平成29年にジャイアンツが沖縄入りした際、必勝祈願の護符として沖宮より授与された「闘魂勝守り」は沖宮オリジナルのお守りです。

琉球八社とは?

琉球王国において「琉球八社(官社)の制」により王府から特別の扱いを受けた8つの神社。
「波上宮」「沖宮」「識名宮」「普天満宮」「末吉宮」「安里八幡宮」「天久宮」「金武宮」



阪神タイガース

廣田神社

廣田神社(ひろたじんじゃ)

兵庫県西宮市大社町にある神社本庁の別表神社。

阪神タイガースが結成時(1936年)から必勝祈願を行っている神社として有名。

2019年度は3/27にフロント、選手ら160人が参拝し、約1400人のファンが集まりました。


西宮神社

西宮神社(にしのみやじんじゃ)

兵庫県西宮市社家町にある神社本庁の別表神社で、日本に約3500社存在するえびす神社の総本社。

2019年度は3/5に甲子園での全体練習に先立ち、阪神タイガースの監督、選手、スタッフ、職員らで参拝し、必勝祈願を行っています。

広島東洋カープ

鵜戸神宮

鵜戸神宮(うどじんぐう)

宮崎県日南市大字宮浦にある神社本庁の別表神社。

本殿がある絶壁の向かいにある奇岩のひとつにしめ縄が張られた「霊石亀石・桝形岩」があり、この亀石の窪みに「運玉」を投げ入れて見事入れば願いが叶うと言われています。

広島カープが必勝祈願を行う神社として有名で、2019年度も2/5に緒方監督、水本2軍監督、選手会長の會澤選手らが参拝しています。


広島護国神社

広島護國神社(ひろしまごこくじんじゃ)

広島県広島市中区基町にある神社本庁の別表神社。

中国地方で最も多くの初詣客が訪れる神社で、広島カープが毎年必勝祈願を行っていることでも有名です。

2019年度は1/17に首脳陣と球団職員ら79人がリーグ4連覇と35年ぶりの日本一を祈願しています。



東京ヤクルトスワローズ

明治神宮

明治神宮(めいじじんぐう)

東京都渋谷区代々木神園町にある明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする神社。

知らない人はいないくらい有名な神社で、例年日本一の参拝数を誇っています。

2019年度は3/1に衣笠球団社長、小川監督、選手らが必勝祈願を行っています。


波上宮

波上宮(なみのうえぐう)

沖縄県那覇市若狭一丁目にある神社本庁の別表神社で、琉球八社の一つ。

2019年度は1/31に小川監督と選手会長の中村選手らで安全祈願・必勝祈願を行っています。

2018シーズンは主力に故障者が続出したことから、今回小川監督が絵馬に記したのは「安全 怪我人無」でした。

横浜DeNAベイスターズ

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社本庁の別表神社で、別称は鎌倉八幡宮。

2019年度は3/26に南場オーナーや岡村球団社長、ラミレス監督、筒香主将ら一軍帯同選手、スタッフ、球団職員などが参拝し、必勝祈願・安全祈願を行いました。

雨にもかかわらず約1400人のファンが集まったそうです。

中日ドラゴンズ

熱田神宮 神楽殿

熱田神宮(あつたじんぐう)

愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目にある神社本庁の別表神社で、三種の神器の一つ草薙剣を祀っています。

織田信長公が桶狭間の戦いの前に戦勝祈願をしたことでも有名ですね。

2019年度は3/26に与田監督ら首脳陣、選手、球団役員ら39人が参拝し、リーグ制覇と選手の安全を祈願しました。


以上がプロ野球セントラル・リーグ6球団が必勝祈願や安全祈願を行う神社です。

どの球団も春季キャンプ地や地元に縁のある神社を選んでいます。

必勝祈願は6球団全てが神頼みをしているので勝ちの分配がどのようになるのかは分かりませんが、安全祈願によって全球団の選手がケガなくプレーできればいいですね!

野球の上達や必勝祈願に御利益がありそうな全国の神社・寺院
今年も残りわずかとなりました。 お正月には毎年いろいろな神社にお参りに行くので、来年は...

コメント

  1. kiyohara より:

    お久しぶりです!
    さあ開幕戦ですね!相手は王者な広島!
    今年こそ優勝を願います!

    • minami minami より:

      kiyoharaさん、コメントありがとうございます。
      目指すは原監督の胴上げ!
      長い戦いが始まりますね!
      今シーズンも当ブログをよろしくお願いします(*^-^*)