【2019ドラフト】ジャイアンツに指名してほしい選手!

10月9日から始まる「2019クライマックスシリーズ」ファイナルステージのことで頭がいっぱいなジャイアンツファンの方も多いかもしれませんが、来年以降の戦力となる新人選手を指名する『2019プロ野球ドラフト会議』もすぐそこに迫っています。

2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

開催日時:2019年10月17日(木)17:00~
中継予定:【テレビ】TBS系列全国ネット放送、スカイA 【ネット】ParaviBaseball GateSports Bull

2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD|公式

2019シーズンは5年ぶり37度目のリーグ優勝を決めたものの、”圧倒的な強さを示した!”というよりは、他チームに助けられたと思うことが多かったシーズンだったように思います…。

弱点もかなり見えたので、今後勝ち続けていくためにはそこを新加入選手で補う必要がありそうですね。



現在のチーム構成

【戦力外通告】

森福允彦投手、坂本工宜投手、アダメス投手、マルティネス内野手、山下亜文投手、田島洸成内野手


【自由契約】

谷岡竜平投手、山川和大投手、高井俊投手、巽大介投手、與那原大剛投手、橋本篤郎投手、高山竜太朗捕手

投手

20歳以下

(右投げ)直江大輔、戸郷翔征、沼田翔平、平井快青
(左投げ)横川凱


21~25歳

(右投げ)山上信吾、田中優大、高田萌生、堀岡隼人、鍬原拓也、ラモス、古川侑利
(左投げ)大江竜聖、高橋優貴、田口麗人


26~30歳

(右投げ)畠世周、桜井俊貴、宮國椋丞、鍵谷陽平
(左投げ)今村信貴、中川皓太、メルセデス、池田駿、戸根千明


31歳~

(右投げ)菅野智之、デラロサ、ヤングマン、田原誠次、澤村拓一、クック、野上亮磨、山口俊、マシソン、大竹寛、岩隈久志
(左投げ)高木京介、藤岡貴裕

捕手

20歳以下

 


21~25歳

岸田行倫、小山翔平、(左打)広畑塁、


26~30歳

(左打)大城卓三、(左打)田中貴也


31歳~

小林誠司、炭谷銀仁朗

内野手

20歳以下

(右打)増田陸、湯浅大、折下光輝、黒田響生
(左打)松井義弥、比嘉賢伸


21~25歳

(右打)岡本和真、北村拓己
(左打)吉川尚輝


26~30歳

(右打)増田大輝、山本泰寛、ビヤヌエバ
(左打)田中俊太、若林晃弘、吉川大幾


31歳~

(右打)坂本勇人、中島宏之

外野手

20歳以下

(右打)
(左打)山下航汰


21~25歳

(右打)モタ
(左打)加藤脩平


26~30歳

(右打)石川慎吾
(左打)重信慎之介、立岡宗一郎、丸佳浩


31歳~

(右打)陽岱鋼、ゲレーロ
(左打)亀井善行


※年齢は2020年の満年齢

戦力外選手と自由契約選手を除く、現在の戦力(チーム構成)はこんな感じでしょうか。間違ってたらごめんなさい。



ドラフトで指名してほしい選手

現在のチーム構成から、今ドラフトで指名してくれたらなぁと思う”私的ドラフト指名”選手を5人ピックアップしてみました。

高校野球や大学野球、社会人野球はあまりきちんと見られてないのでいろいろと間違ってるところがあるかもしれませんが…

奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)

奥川恭伸

星稜高校・投手・右投右打・183cm84kg

今ドラフトの目玉である3選手、佐々木(大船渡高)・奥川(星稜高)・森下(明治大)の中からは奥川選手をセレクト。

ワクワク感や完成形を考えると佐々木選手を選びたいところですが、ジャイアンツでは多分育てられないような気が…。クイックとかフィールディングとか細かい所は特に。

もし順調に育ったならメジャーのバケモノ打者相手に投げる姿が見たいというのもあるので、渡米しやすくダルビッシュや大谷といった規格外の選手たちを育成した日ハムさんあたりが引き当ててくれたらなぁなんて勝手なことを思っています。

そうなると、奥川選手か森下選手ということになりますが、若さと投手としてまだ摩耗していないところ(大学野球は恐ろしい…)、それから菅野が絶賛していたことを踏まえて奥川選手で!

ストレート、スライダー、チェンジアップ、フォークを高レベルで操る右の本格派で即戦力としても期待できるし、自分で考えて勝手に育ってくれそうな感じがジャイアンツ向きっぽい。

捕手が構えた所にしっかり投げ込める制球力の高さも魅力的だし、ファンも安心して見られるでしょうね。

右投げの先発投手で来季計算できそうなのは菅野と山口、そして戸郷あたりかなと思っているので、原監督が奥川選手を引くことができれば開幕一軍ローテーション入りも期待できるのではないでしょうか。桜井や古川は今のままでは厳しいかもなぁ…。

宮川 哲(みやがわ てつ)

宮川哲

東芝・投手・右投右打・177cm82kg

150キロを超える速球が武器の即戦力右腕です。

現在、ジャイアンツの一番の不安点はやっぱりリリーフ陣…。宮川選手は先発としても使えるけどやっぱり重要な場面で投げるリリーフとして上位指名してもらいたいです。

中継ぎに不安がある球団はどこも狙ってくると思うので、2位以内じゃないと獲得は難しそうですが。

パワフルなストレートにちょうどいい具合に曲がるカットボール(ストレートとほぼ同じフォーム・軌道からクイッと曲がる感じ)に打者の手前で落ちるフォーク、そしてそこそこ早くて変化量が多いナックルカーブのようなボールを投げます。

投げ損じっぽいのもたまにあるけど、投げ切れたときのボールはプロの一流バッターでも十分に抑えられそう。

勝ちパターンの一角に入る力は十分にあると思います。



北山 比呂(きたやま ひろ)

北山比呂

日本体育大・投手・右投右打・176cm79kg

北山選手も宮川選手同様、150キロを超えるストレートを武器にする即戦力右腕です。

下半身がしっかりした、見るからにパワフルなフォームから力強いストレートをバシバシ投げ込むパワーピッチャーで、アウトローにも球威のあるボールをしっかり投げ込んでいました。

変化球は菅野の握りを参考にしたというカットボールや縦・横のスライダー、そしてスプリットです。変化球は宮川選手のほうがやや上のように見えました。

北山選手もリリーフ陣が弱めのチームは積極的に指名してくると思うので上位でなければ取れないと思います。

明るく場を盛り上げられる性格は〇。私の大好きな漫画「H2」が由来という名前は◎です!

西 純矢(にし じゅんや)

西純矢

創志学園高・投手・右投右打・184cm84kg

佐々木・奥川・及川と並ぶ「2019高校BIG4」の一角。最速154キロを誇る剛腕投手です。

抜群の身体能力を誇り、投手以外でも内・外野を器用に守れ、高い打撃力も兼ね備えた野球センスの塊のような選手だと思います。

ドラフト1位で指名されるということは考えにくいかもしれないけど、育成に自信がある球団なら上位指名してくる可能性は十分にありそう。

球威のあるストレートやスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球も投げられ、性格も勝気で負けず嫌いと投手に必要な要素を全て持っている選手ですが、私的にはジャイアンツの弱点のひとつである外野を担当してもらいたい!

U-18W杯で見せた好返球や劣勢でも諦めない強い気持ちなどは野手陣のリーダーの素養十分ではないでしょうか。

ジャイアンツでは難しいかもしれないけど、二刀流プレイヤーとして育成するのも面白いかもしれませんね。

佐藤 都志也(さとう としや)

佐藤都志也

東洋大・捕手・右投左打・181cm83kg

身体能力の高さを活かした、俊足・巧打の捕手です。

今回のドラフトでは、鉄壁の守備を誇る東海大の海野隆司選手、インサイドワークに長けた頭脳派捕手の慶応義塾大郡司裕也捕手などに加えて、この佐藤選手も各球団注目しているんじゃないでしょうか。

現在のジャイアンツの若手捕手である24歳の岸田、小山、そして25歳の広畑は少々伸び悩んでいる印象があり、高卒捕手を獲得してはどうか?という声もちらほら…。

今ドラフトの高卒捕手では奥川とバッテリーを組んだ星稜の強肩捕手、山瀬慎之助選手が面白い存在だなぁという印象ですが、佐藤選手の打撃力の高さや内・外野を守れるフレキシブルさは魅力的。

あと、名前がずるい。

この名前で捕手とかめちゃくちゃ活躍してくれそう。ワールドシリーズも制覇しちゃうくらい。

実際、キャッチャー経験は2年程度とまだまだ課題があるようですが、上手に育てることができればキャッチャーでトリプルスリーも狙えそうな才能豊かな選手です。


とりあえず気になった選手をあげてみました。

注目選手に即戦力リリーフ投手、そして才能豊かで入団後の育成方法によって様々なポジションで輝けそうな選手たちです。

その他気になる選手は、力感のないフォームから質の良いボールをクールに投げ込むJFE西日本の河野竜生(かわの りゅうせい)投手や坂本と同じ186cmの大型ショート駿河総合高の紅林弘太郎(くればやし こうたろう)選手などなど…。

どの選手も良く見えてきて、みんなうちに来てほしい!という気になってきますね。

歴戦のG党さんたちは今回のドラフトではどんな選手に注目されているんでしょうか…。

 

まあ、指名してほしい選手をいくら並べ立てたところで、原監督に当たりくじを引いてもらわないことにはどうにもならないんですけどね!

原監督のくじ運…今年は上がってるといいなぁ。

ともかく、ジャイアンツにとって素晴らしいドラフトになることを願っています!

コメント

  1. 勝負はここから より:

     生意気ながら、まあそんなところだろうと思います。

     まあ奥川にどれだけ行くかでしょう。西武も欲しい、でもあのPコーチでは反対です。壊しますから。指名するには、コーチを替える、まずこれが条件。あとはセンターかな。打てなくてもいい。きっちり守れる選手が欲しいです。

    監督自身、名手の人、だから今のチームだって歯がゆいと思うはず

     自信はないが、勝てるとすれば私は意外なところを見てます。よく自動アウトと書かれている、木村文紀、金子侑司、ここら辺がつなぎができるかと思うんです。まあこれが駄目だと厳しいでしょう。ホークスファンが来てくれないと困ります。鷲だとますます不利です

    • minami minami より:

      勝負はここからさん、コメントありがとうございます。
      投手は何人でも欲しいですよね~。
      奥川くんは第二の菅野になれそうなタイプなのでぜひ来てほしいです!
      西武は秋山さんの穴を埋めてくれるセンターが必要ですね。
      う~ん…うちも3年後、5年後にチームがどうなっているのかと考えるとちょっと不安です(・・;)

  2. 勝負はここから より:

    CS明日決着になりました。本音はソフトバンクに来てほしい。高橋礼を信じます

     セはどちらがいいですか。ただ阪神のほうが分がいいような気がする。投手から見て

     いよいよ第2ステージ、どんな決着が待っているんだろうか。今度こそ嬉し泣きしたい

    • minami minami より:

      勝負はここからさん、コメントありがとうございます。
      セもパも3戦目まで来ましたねー!
      どっちもいい試合してて熱い!
      パは絶対ソフトバンクに勝ち上がってもらうとして、セは…やっぱりまだDeNAのほうがいいのかなぁ…。
      これまでの相性で言ったら阪神のほうがいいんですけど今の阪神は勢いがすごすぎて(;・∀・)

  3. 勝負はここから より:

    勝てる自信はない。でもソフトバンクでよかったです。負けたとしてもほとんど力差なし、いや、ソフトバンクのほうが上でした

     楽天だとまたホームランでやられそうな気がしてましたから。ソフトバンクのほうが打たれても納得しますし、去年の悔しさを発揮できると思う。

     確かに阪神は強いがCSでちょっと投手を酷使しすぎと思いました。

    • minami minami より:

      勝負はここからさん、コメントありがとうございます。
      今年もまた西武対ソフトバンクになりましたね!
      ソフトバンクはファーストステージで結局3戦目までいっちゃったから結構きついと思うけど、いい戦いになるといいですね!