4/16、4/17巨人vs広島の放送予定(BS日テレで無料放送あり)

リブワーク藤崎台球場

4/12~4/14のヤクルト3連戦は全ての試合で6得点するも、結果は1勝2敗の負け越しに終わりました…。

2戦目3戦目は先発が5回を投げられず、その後を引き継いだリリーフ陣も滅多打ちで2試合続けて11失点。

シーズン前から不安視されていた投手陣の脆さが露呈した感じですね。

ここからどう修正していくかが首脳陣の腕の見せ所かと思います。

 

次のカードは開幕から不調が続いている広島カープとの2連戦。

場所は1戦目が鹿児島の「鹿児島県立鴨池野球場」、2戦目が熊本の「藤崎台県営野球場」となっています。

藤崎台県営野球場は昨季のオールスター2戦目が行われた球場ですね。

2018オールスター熊本初開催の2戦目!
2018オールスターゲーム 2戦目 7/14 1 2 3 4 5 6...

 

2連敗で少々ベンチの雰囲気が重くなっている感があるので、遠征で気分転換して勢いを取り戻してもらいたいものです。(移動は大変だと思うけど…)

 

この試合は地上波での放送はありませんが、BS日テレによる無料放送がありますのでたくさんの人に見てもらえるでしょう。



4/16(火)巨人対広島放送・中継

鹿児島県立鴨池陸上競技場
試合開始:18:00~
B S無料BS日テレ18:00~20:54
(最大66分延長)
C S有料日テレG+17:30~
ネット有料GLS17:30~
ネット有料Hulu17:30~
ネット有料DAZN18:00~

4/17(水)巨人対広島放送・中継

藤崎台県営野球場
試合開始:18:00~
B S無料BS日テレ18:00~20:54
(最大66分延長)
C S有料日テレG+17:30~
ネット有料GLS17:30~
ネット有料Hulu17:30~
ネット有料DAZN18:00~



日テレG

日本テレビ放送網が運営するスポーツ専門チャンネルで、スカパー!プレミアムサービスやスカパー!、各地のケーブルテレビなどに加入する事で見られます。

日本テレビ系なのでジャイアンツのプロ野球中継を中心として、格闘技、サッカー、モータースポーツなどの中継やその関連番組で構成されています。

スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTV、auひかりなどで見ることができ、視聴料金は月額税抜900円(※それぞれ基本料金やチューナーなどが必要)となっていますが、個別で契約すると割高なのでプロ野球ファンはほとんど「スカパー!プロ野球セット」の一部と認識している専門チャンネルだと思います。

2019年度プロ野球中継全球団ネット配信のスカパー!やその他の有料サービス
参照:スカパー! 2018シーズンは、パ・リーグ全球団の公式戦およびオープン戦の一部とセ・...

GLS(ジャイアンツLIVEストリーム)

日本テレビ放送網株式会社が運営する、読売ジャイアンツ特化型の動画&情報コンテンツ配信サービス。
ジャイアンツのキャンプや練習試合、オープン戦の他1軍&2軍の公式戦を視聴可能。(2019シーズンは1軍&2軍の巨人主催全試合)
私が使っていて気に入っている点は1年以上前の試合を見られたり試合中でも気になった部分をリアルタイムで早戻しして見返せるところです。
基本はスマホやタブレット、PCでの視聴になり、テレビで視聴する場合は端末とHDMIケーブルをつなぐなどの対応が必要。(早くAmazon Fire TVに対応して欲しい)
利用料金は月額1500円(税抜)、無料で登録できるGIANTS ID会員になれば500円引きの月額1000円(税抜)。

巨人の主催試合(1軍&2軍)やオープン戦、キャンプの放送・中継はGLS!
参照: プロ野球中継が地上波から少なくなり、放送がBS→CSと移っている昨今。 ...
Hulu

日本テレビ放送網株式会社の完全子会社HJホールディングス株式会社が運営する有料動画配信サービス。
GLSから映像を送ってもらう形で巨人主催試合をリアルタイムで視聴できます。(見逃しや早戻しなどには対応していません)
スポーツ以外にも人気のアニメやドラマ、映画など50000本以上が見放題なのがHuluの最大の特長で、安価に野球だけでなくアニメやドラマなどたくさんのコンテンツを見たいライト層には一押しです。
マルチデバイス対応しているのでスマホやタブレット、PCに加えて「Amazon Fire TV」や「Apple TV」「Google Chromecast」、「PlayStation 4」などを利用すればテレビの大画面でも見ることができます。
利用料金は月額933円(税抜)で初回は2週間のお試し期間もあり。

公式サイト→Hulu(フールー)

DAZN(ダゾーン)

イギリスの「パフォーム・グループ」が提供するスポーツ専門の有料映像配信サービス。
プロ野球(NPB&MLB)、サッカー、バスケ、テニスなど、130以上のスポーツコンテンツ、年間10000試合以上を月額固定で視聴可能なコストパフォーマンスの良さが最大の特長。
2019シーズンのNPBの視聴可能試合は「パ・リーグ全球団の公式戦主催全試合およびオープン戦の一部、セ・リーグはカープ、ヤクルトを除く4球団の公式戦主催全試合(中日の一部主催試合を除く)と当該4球団のオープン戦の一部」です。
Huluと同じくマルチデバイスに対応しておりスマホやタブレット、PCに加えて「Amazon Fire TV」などの機器を利用してのテレビ視聴も可能です。
利用料金は月額1750円(税抜)、ドコモユーザーは「DAZN for docomo」加入で月額980円(税抜)で、初回1か月の無料お試し期間もあり。

公式サイト→DAZN(ダゾーン)
プロ野球有料放送(中継)はコスパ抜群のDAZN(ダゾーン)がおすすめ
かつては二桁視聴率が当たり前のプロ野球放送(中継)でしたが、徐々に伸び悩み2000年以降は日...
2019年度巨人戦の中継(放送)をテレビやネットで視聴する方法
一部球団で多少の遅延はあったものの、有料スポーツ映像配信サービス「DAZN(ダゾーン)」のみ...

コメント